凄いレンズ!FE 100mm F2.8 STF GM OSS(SEL100F28GM)のレビュー&作例

ソニーストアから届いたSEL100F28GM

16万5,000円くらいとレンズとしては非常に高額であるため、ソニーストアでカートに入れては削除を何日も繰り返し、悩みに悩んだ末にとうとう買ってしまったソニーEマウント用レンズFE 100mm F2.8 STF GM OSS(SEL100F28GM)。

購入したのは3/31日で、4/13日発送の4/14日着で届きました。購入金額は割引クーポンとお買い物券2,000円を併用して165,670円で、水没破損等にも対応した3年間の無料保証付き。

高かったけど、カメラと違ってレンズは大事に使ってさえいれば、数年経ってもそれほど価値が下がらない物なので、いざとなったら手放せる資産的な意味合いもあるからと納得させて思い切って買っちゃいました。

相変わらずソニーストアにはエアキャップ(プチプチ)で商品を梱包すると言う概念がないようで、厚紙が緩衝材で入れられているだけでしたが、GMレンズのせいか、何気にいつもよりも厚紙の量が多かった気が...。

スポンサーリンク

SEL100F28GMの詳細レビュー

SEL100F28GMのキャリングケース

SEL100F28GMのキャリングケース

まるでバンナイズ製のような素晴らしいキャリングケースにレンズが入っていました。

SEL100F28GMのキャリングケース

スライダーに持ち手が付いてたり、

SEL100F28GMのキャリングケース

SEL100F28GMのキャリングケースのストラップ

両側には付属の専用ストラップを付けられたりとコンデジとかの小さいカメラ用のキャリングバッグとしても使えそうなくらい良く出来ています。

ソフトキャリングケースの名称通り、中はちゃんと衝撃を和らげるクッション仕様になっているのもマル。

って言うか、この間購入したSEL70300Gと3万くらいしか違わないのに、何故ここまで付属品の扱いが違うのかちょっと理解に苦しみます。やはりこちらは最高峰のEマウントレンズGMレンズだからでしょうか?

SEL100F28GMの付属品

SEL100F28GMの付属品

  • SEL100F28GM本体
  • レンズフード(ALC-SH147)
  • ソフトキャリングケース
  • キャリングケースに付けるストラップ
  • 説明書類

レンズフード(ALC-SH147)

SEL100F28GMのレンズフード(ALC-SH147)

これまた高級仕様のレンズフードが付属してきました。先端の外側の縁取りがゴム(シリコン?)で、内側がザラザラしており、レンズに埃が付着するのをここでキャッチする形。

ただ、この手の内側がザラザラのレンズフードはCanonの60mmマクロに付属していたので1個持っていますが、本当に埃がくっつくんだけど、ついた埃が取りにくいから個人的には嫌い。

フードもSEL70300Gのやつ(写真右)は安っぽい普通のやつなのに...。

SEL100F28GMのサイズ感

SEL100F28GMのサイズ感

レンズフード込みで500mmペットボトルと並べるとこのくらいの大きさ。

実寸は85.2mm x 118.1mmで、重量は約700g。大きさも重量も太さもそこそこありますが、描画性能とトレードオフらしいですから仕方がないですね。

SEL100F28GMとSEL70300Gの大きさ比較

SEL70300Gと比較するとこんな感じ。SEL70300Gは望遠レンズだからここから更に伸びますけど。

SEL100F28GMとSEL70300GとSEL55F18Zの大きさ比較

ソニーツァイスのSEL55F18Zを加えてみるとこんな感じ。

SEL100F28GMの質感

SEL100F28GMの質感

材質の表記がないから良く分からないのですが、シボ感がある金属なのかな?α6500のボディと同じ質感っぽいから、フルマグネシウム合金?

SEL55F18Zなんかだと持った瞬間にヒヤッとしていかにも金属の硬質な触り心地が気持ち良くて高級感を感じるのですが、SEL100F28GMの材質は個人的にはイマイチ感を覚えます。

恐らく軽量化のために使われている素材(非常に軽そう)なのでしょうが、ちょっと安っぽい印象。

α7S×SEL100F28GM

α7S×SEL100F28GM

こんな感じでやっぱり見た目デカイくなるけどでもカッコ良い!やっぱカメラもレンズもデザインはほんと大事。

α6500×SEL100F28GM

α6500×SEL100F28GM

α7シリーズよりもボディサイズが小さい分、更に大きく見える。実際持ってもフロントヘビーで持ちやすくはありません。ただ慣れちゃえ何てことはない大きさ&重量感ではあります。

SEL100F28GMの特徴まとめ

主な仕様

  • 焦点距離:100mm
  • 開放絞り:(F値) F2.8(T5.6)
  • 最小絞り:(F値) F20(T22)
  • 絞り羽根:11枚円形絞り
  • 最短撮影距離:0.85m
  • マクロ切り換え:0.57m
  • 手ブレ補正:レンズ内手ブレ補正OSS

主な特徴

  • 優れた解像力と美しいぼけ味を誇るソニーのG Masterの中でも、ワンランク上の美し
  • ぼけ描写を実現した100mm中望遠単焦点STF(Smooth Trans Focus)レンズ。
  • 専用設計のアポダイゼーション(APD)光学エレメント
  • 高速・高精度かつ静粛なAF性能
  • マクロ切り換えで最短撮影距離0.57m、最大撮影倍率0.25倍の近接撮影が可能
  • ナノARコーティング
  • 点像の輪郭を柔らかくし二線ぼけの発生を抑制
  • 11枚羽根の円形絞り
  • 光学式手ブレ補正機構搭載
  • 高い操作性で防塵防滴に配慮

以上、ソニー公式サイトのSEL100F28GM説明より

STFレンズのTナンバー

SEL100F28GMのSTFレンズのTナンバー

このレンズには絞りリングが付いていて「絞り優先モード(A)」の場合は、刻まれている数字に合わせることで絞り値を変更する仕組み。Aモードの場合はカメラ側では絞りを変更出来ず、絞りリング一番左のAに合わせるとカメラ側で絞りを弄れる形。

レンズ右側面にはこの絞りリングのクリック感をオンオフ出来るスイッチがあり、動画撮影時に音が鳴らない配慮がなされています。

この5.6Tから8までがSTFのTナンバーで、この間に絞りリングがある場合はアポダイゼーション効果が発生し、8以降に絞りを絞ると記載されている数字のF値通りの写真が撮れる形。

5.6と言うのはF値じゃなくてTナンバーなんだけど、EXIFに記載される際はそのままF5.6と表示されるのがかなりややこしい。

このレンズの名称にF2.8が入っていることからも分かる通り、T5.6はF2.8に相当するようなのですが、APD光学エレメントが入っているから実際はF5.6の明るさになるそう。

SEL100F28GMの実際の明るさ

SEL100F28GMの実際のレンズの明るさを調べるため、SEL55F18Zと撮り比べてISO感度の上がり具合をチェックしてみました。

SEL100F28GMマクロ側の実際の明るさ

SEL100F28GMマクロ側(0.57-1.0m)にしてシャッタースピード1/60。F5.6と表示されていますが、これがT5.6の状態で、このレンズの開放F値。ISOは2500まで上昇。

SEL100F28GM望遠側の実際の明るさ

通常側(0.85-無限大)だとISO3200に。

SEL55F18ZのF2.8の明るさ

レンズをSEL55F18Zに変更してF2.8で撮影するとISO800。

SEL55F18ZのF4の明るさ

F4だとISO1600。

SEL55F18ZのF5.6の明るさ

F5.6でISO3200まで上がり、SEL100F28GMの通常側(0.85-無限大)と一致しました。

APD光学エレメントが入っているため、光量が落ちて実際はF5.6と同じ明るさになるから、実際の使用感はF5.6の単焦点レンズと一緒。ただし、マクロ側は少し明るく、ボケ量(下に作例つけてます)は通常のF5.6よりも大きい。

って感じかな?誤りあったら是非コメント欄で教えて下さいm(_ _)m

その他の特徴

手前に0.57mから1mまでのマクロ域と0.85mから無限大の切り替えレバーがあり。

フォーカスホールドボタン付き。

OSS(手ぶれ補正機能)も搭載で、ボディ内手ぶれ補正無しのα7Sで使った印象だとかなり強力に感じました。ピタっと止まってくれて、シャッタースピード1/20くらいでもブレない写真が撮れます。

フォーカスリングは非常に滑らかに動きますが、少し軽いので、個人的にはもう少しトルク感が欲しかった。

こんな感じで物理ボタンが盛り沢山で使いやすい反面、色々盛り沢山だとシンプル構造の単焦点と比較すると故障の心配は増えそう。

SEL100F28GMの作例

全てα7S、JPEG撮って出し、Tナンバー5.6(アポダイゼーション効果MAX)で撮影した写真となります。それ以外は別途説明入れています。

横2048pxにリサイズし、Lightroomで85%で書き出し。全てFlickrにアップしているためクリックすると拡大します。

SEL100F28GM 桜

まず驚かされたのはボケ云々よりもピントの合った部分の描写の緻密ささと立体感。撮影は1200万画素機のα7Sで行なっていますが、本当にびっくりするくらいシャープで浮き上がって見える感じ。α7Sで驚くんだから、α7R2とかだったら相当凄いんでしょう。

SEL100F28GMのボケ具合

SEL100F28GMのボケ具合

SEL100F28GMのボケ具合

SEL100F28GMのボケ具合

肝心のボケなんですが、私は初STFレンズなんでやっぱり難しいです。

そもそもSTFなんて蝶野の得意技でしか耳にしたことがなかった私としては、どのようなボケの表現をすればSTFレンズで写した写真っぽくなるのかがまず分からない。

ここら辺は上手な人たちの写真を見まくった上で、枚数撮って自分で覚えていくしかないのかな?確かに適当に撮ってもボケは綺麗で滑らかに表現されますけども。

SEL100F28GM失敗サンプル

SEL100F28GMのボケ具合

SEL100F28GMのボケ失敗例

失敗と言うかボケがおかしい?汚い?変な写り方した2枚。上はピントを合わせた中央の花に奇妙な縦線が、下は一目で分かるワチャワチャ下汚い二線ボケのようなのが。

何故このような写り方をする写真が出るのか理由はサッパリ分からないものの、100枚くらい写した内の15枚くらいがこんな感じでした。凄い強風の日だったせいもあるのかな?

【追記】更に撮影してみて検証してみると、やはり細い枝が密集していたりするとこんな感じのボケが出ることがあるようです。

SEL100F28GMのボケ量

SEL100F28GMのボケ具合

気持ち悪くなるほどボケたり、

SEL100F28GMの描画性能

何故かあまりボケなかったり。

上はマクロで寄ってて、下は85mmから無限大側で撮ってるから下がボケが少ないのは当然ですが、同じT5.6で撮ってるのにここまで違うのは何故?と。

シグマレンズとのボケ量比較

SEL100F28GMと85mm F1.4 EX DG HSMとの比較テスト

SEL100F28GMと85mm F1.4 EX DG HSMとの比較テスト

SEL100F28GMと85mm F1.4 EX DG HSMとの比較テスト

上から

  • SEL100F28GMの5.6T
  • シグマ 85mm F1.4 EX DG HSMのF2.8
  • シグマ 85mm F1.4 EX DG HSMのF4。

MC-11使用で比較してみましたが、焦点距離が異なるから厳密な比較ではないものの、レンズの一番明るい状態の5.6TでF5.6と表示されるけど、少なくてもボケに関してはF5.6のボケ量ではなく、もっと大きくボケるのは間違いないよう。ちなみにこのシグマの85mmはArtじゃない旧型です。

なお、この3枚はJPEGの色味があまりに酷かったので、RAWで撮影して色を若干修正してます。

SEL100F28GMとSEL70300Gのボケ比較

SEL100F28GMとSEL70300Gのボケ比較

JPEG撮って出しを等倍比較で。ピント位置は両写真共に右端のピンクの花で、焦点距離100mm、F5.6で揃えてます。

SEL70300Gも解像力に優れるGレンズですが、SEL100F28GMはボケの美しさと解像力の両方を兼ね揃えているんだからやはり凄いレンズです。

SEL100F28GMの玉ボケ

SEL100F28GMの玉ボケ

SEL100F28GMの玉ボケ

この間899円で買った「LEDの玉ボケ製造機」を使用して部屋でMFで撮影してます。

上下共にT5.6で、上がマクロ側、下が85mmから無限大の方で。確かに丸っこくて綺麗ですかね。

SEL55F18Zの玉ボケ

ちなみにこれがSEL55F18Zの玉ボケ。

SEL100F28GMのチェック

最後にLightroomでRAW現像してみた写真を。

明瞭度等々の様々なパラメーターをあえて大幅に弄ってみたけど、変なボケが目立ってきたりのようなおかしな症状はありませんでした。特殊なレンズですけど普通に大丈夫みたいです。

α6500×SEL100F28GMの作例

a6500×SEL100F28GMのチューリップ

ここからはAPS-Cセンサーのα6500で撮った写真です。これはRAW現像しています。

a6500×SEL100F28GMのチューリップ

こちらもRAW現像。どちらもJPEGの色が酷すぎたので。

ここから下は全てJPEG撮って出し。

a6500×SEL100F28GM オレンジの前ボケ

a6500×SEL100F28GM紫の前ボケ

前ボケ重視で。

SEL100F28GMで撮影したネモフィラ

これからの季節ネモフィラとかの撮影に活躍しそう。

a6500×SEL100F28GMの桜

ボケ写真ばかりじゃなくカリっとしたのも1枚。

a6500×SEL100F28GM T5.6

こちらがアポダイゼーション効果MAXのT5.6で

a6500×SEL100F28GMのT8

こちらがアポダイゼーション効果最小のT8。随分と印象が異なる写真になりました。

フルサイズ機のα7シリーズで使った方が間違いなく楽しいSEL100F28GMですが、α6000シリーズで使ってもやはり綺麗にボケてくれました。

動画撮影時の玉ボケサンプル

このレンズは動画撮影時にも当然綺麗な玉ボケが出ますので、どんな感じになるのか動画にしてみました。カメラはα6500で手持ち撮影。

SEL100F28GMの不満点

マクロ切り換えがストレス溜まる

0.57mから1mまでと、0.85mから無限大の2種類をリングで回して設定するわけですが、これが案外頻繁に使う羽目になってしまってちょっとストレス溜まりました。

私自身が0.57mの感覚が掴めていないのがそもそもの原因ですが、ちょっと寄り過ぎてAF合わないとかも多かったり。

【追記】AFの迷い等の不満も記載していましたが、別の複数のレンズで試しても結果同じように迷って合いませんでしたので削除しました。

やっぱり暗い

レンズ名にF2.8が記載されているとは言え、実質F5.6相当の明るさなのでやはり暗いです。

メモリの位置ズレ

SEL100F28GMの作りの精度が

しばらく使っていたらマクロ側に合わせる際のメモリの位置が写真のようにズレるようになってしまいました。

微妙な位置ズレですし、切り替え機能自体は問題ないので、修理に出したりのような大袈裟な話ではないものの、私はどちらかと言えば神経質な方なので、こう言うのを見ると気持ち悪くて気になってしまいます。

Eマウント最高峰のGMレンズで、それなりの高額レンズなわけですから、こう言う部分までしっかり作り込んで欲しかったと言うのが本音。

SEL100F28GMを実際に使用してみた感想

まさにうたい文句通りで、GMレンズならではのピントの合った部分のシャープさに驚かされましたし、あとはやっぱりボケの美しさもとても気に入りました。

ボケが滑らかだからこそピントの合った部分が余計にシャープに見えて、立体的に浮かび上がるんでしょう。

残念ながらポートレートは撮らせてくれるモデルがいなくて撮れませんでしたが、ポートレートにも当然良いでしょうし、花を撮るのが好きな方にも絶対オススメ。

私は飼い猫以外だと花を撮るのが一番楽しいから、高かったけどこのレンズを購入して本当に良かったです。

難しいレンズだけど

ただ、実際に使ってみると、確かに普通に撮っただけで綺麗に写るんだけど、この「STFレンズならでは」の表現をしてみたいと考えるとかなり難しいかなとも。

このレンズのポテンシャルを最大限に引き出して、このレンズならでは表現が出来るようになる日は果たして訪れるのだろうか...。

簡単に綺麗な写真が撮れるものの、実は物凄く奥が深くて使い倒し甲斐があるレンズだと思うので、それこそ初心者から上級者まで幅広い層で楽しめるレンズなのかも知れません。

とりあえず待っていても値崩れが期待出来ないレンズでしょうし、10年後も高値で買い取ってもらえる類のレンズだろうから、迷っている方は是非買ってしまった方が吉だと思いますよ。

SEL100F28GMは色のりが良いレンズ?

SEL100F28GMは色のりが良いレンズ?

そうそう、バラとか撮ってて気付いたのですが、このレンズいわゆる「色のりが良いレンズ」ってやつなのでしょうか?

このバラの写真はRAWで撮ったデータを色味を一切いじることなくそのままアップした写真ですけど、ソニーのRAWデータって色が薄味で、Lightroomで読み込むと色褪せたような色に変化する事が多いと思うのですが、このレンズで撮影してきたRAWデータは色が肉眼で見た色に非常に近い状態で保存されている気がします。

様々な色のバラの写真を撮ってきたのですが、どの花のRAWデータの色を見ても殆どいじらなくて良いくらいにキチンと色が出ていて、Lightroomのプロファイル「Adobe Standard」のままで良いくらい。

カメラ用語知らないから間違っていたら恥ずかしいけど、これが「色のりが良い」って事なのかなとふと思ったので追記してみました。間違っていたらコメントでご指摘下さい。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)