Big Surのクリーンインストールで発生した致命的なエラーの対処方法

今頃になって私のiMac 5K(Late2014)を最新OSのBig Surにアップデートしました。

配信開始後は色々と不具合も言われていたからあえて様子見して今頃アップデートしたわけですが、まさかクリーンインストール時に致命的なエラーが発生してアップルのサポートのお世話になるとは夢にも思わず・・・。

Big Surのクリーンインストール時に起こった致命的なエラーの詳細と、Appleサポートに電話で教えてもらった対象方法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Big Surのクリーンインストール方法

  1. データのバックアップ
  2. Catalinaの状態でBig Surにアップグレード
  3. システム終了で電源をオフ
  4. 電源オンと同時にキーボードのcommand + Rを長押し
  5. macOSユーティリティからディスクユーティリティ
  6. Catalinaを消去
  7. Catalina – Dataを消去
  8. macOSユーティリティに戻る
  9. mac OS Big Surを再インストール

私が行なったBig Surのクリーンインストール方法としてはこんな感じ。

今回はググってみると「USBメモリを使う方法」を紹介している人たちも多かったのですが、私は従来通りの方法でやってます。

あと一応「PRAMクリア」と「PRAM/NVRAMのリセット」も行なっています。

なお、上書きインストールでOKって人は

ソフトウェアアップデートからBig Surにアップデートするだけで終わりなので、時間も大したかからないし、面倒臭いことも何一つありません。

私自身もCatalinaからソフトウェアアップデートを利用してBig Surにアップデートした際は何のトラブルも起こらず問題なくインストール完了しています。

ちなみに何故「クリーンインストール」と呼ばれる一度初期化してから新たにOSを入れるのかというと、やはり一番は気持ちよく使えるからです。

それと使い続けて不安定になっていたり、もっさりとしてしまっている動作周りのトラブルを解消できたりもするから、大多数のMacユーザーはわざわざ面倒で時間がかかるこのクリーンインストールを選択します。

スポンサーリンク

Big Surのクリーンインストールで発生したトラブル

macOSユーティリティでCatalinaを消去し、Big Surをインストールしたのですが、

インストールの最中に

ソフトウェアアップデートの適用中にエラーがおきました
ソフトウェアアップデートの適用中にエラーがおきました

「ソフトウェアアップデートの適用中にエラーがおきました。」

という物騒なエラーメッセージが表示されてインストール作業が強制中断となりました。

この後OKを押すと

コンピューターの起動に使用したいシステムを選択してください
コンピューターの起動に使用したいシステムを選択してください

起動ディスクを選択:コンピューターの起動に使用したいシステムを選択してください

と出るものの、10分待ってもそのシステムが表示されないため、

仕方がないからリンゴマークから「システム終了」し、再度電源オンと同時にキーボードのcommand + Rを長押ししてmacOSユーティリティを出してBig Surをインストールしてみましたが、

ソフトウェアアップデートの適用中にエラーがおきました
ソフトウェアアップデートの適用中にエラーがおきました

やはりまたこの同じエラーメッセージが表示されてインストールが強制中断してしまいます。

今度は「再起動」の方を選んでみると、再起動して電源がオンになると自動でインストール作業が開始されたのですが、やはりまたまた同じところで同じエラーメッセージが表示されてしまいお手上げ状態に。

ターゲットディスクモード
ターゲットディスクモード

ちなみに下に「ターゲットディスクモード」いうのが表示されていますが、このモードにするとこのMac自体が外付けディスクとして動作するようになるだけなので選択してはいけないようです。

スポンサーリンク

Appleサポートに電話で助けを求めてみた

完全にお手上げ状態なので、アップルの電話サポートに助けを求めることに。

インストール作業は時間が取れて暇だった26日の土曜日に行ったため、サポートが電話に出るまでに約15分を要しました。

ただし、アップルの電話サポートは0120から始まるフリーダイヤルなので電話代はかかりません

最近はサポートの電話番号にナビダイヤルとか使う日本企業が本当に多いのですが、アップルはこの点本当に親切ですね。

15分というのも時期や曜日を考えるとむしろ早い方なんじゃないかと。

ちなみに電話サポートにはシリアル番号が必要になります。

iMacの場合はスタンド裏に書かれているため、Macをひっくり返して確認する必要がありました。

サポートから教わったインストールエラーの対象方法

  1. 同様の方法で再度Big Surをインストール
  2. これでダメならoption + command + Rで表示される

解決方法としてはこの2通りが考えられるとのこと。

インストールに時間がかかるため、とりあえずこの2つを試してみてダメだったら再度電話を下さいと言われてここで電話は切りました。

履歴を残しておくからと言われて番号を教えてもらい、もしダメで次に電話する際にはすぐに担当の方と話ができる形です。

同様の方法で再度Big Surをインストール

方法としては全く同じだったため、結局この方法ではまた同じところでエラーが出てしまい解決せず。

option + command + Rで解決!

次に試したのがこの方法で、電源をオンと同時に長押しする際のキーが「command + R」ではなく「option + command + R」に変更して同じく表示されるmacOSユーティリティを使ってBig Surをインストールする方法。

立ち上がると「Internet リカバリーを始める。これには少し時間がかかることがあります。」と表示されました。

立ち上がったら

「ディスクユーティリティ」を表示し、

内臓のMacintosh HD等をボリュームからマイナスして消去し、

最終的に「Macintosh HD」を作成しました。

その後再度「macOSユーティリティ」に戻り、「macOSを再インストール」

すると何故かCatalinaを先にインストールことになるので、これをインストール。その後

ソフトウェアアップデートを利用してBig Surを無事にインストールすることが出来ました。

スポンサーリンク

これはクリーンインストールなのか?

Catalinaをインストールした後からBig Surをインストールする形になったため「これってクリーンインストールと言えるのかな?」という疑問はわきましたが、またエラーが出てしまったらそれこそうちのiMacは文鎮と化するのでOKとしました。

Big Surにしてから何だかiMacの立ち上がりがかなり遅くなったような気がしていますが、とりあえず快調に動作していますし。

あ、そういやLightroomとPhotoshopのAdobe勢がかなり動作が重くなってしまいました。

Ligtroomはどうもグラフィックプロセッサーを使用すると動作がおかしくなるようなので、これをオフにしたらマシに。

っていうかそもそも

ソフトウェアアップデートの適用中にエラーがおきました
ソフトウェアアップデートの適用中にエラーがおきました

これが何なのか、何で発生したのかの原因が不明で気持ちが悪すぎですけど。

いずれにしてもBig Surは無事インストールすることが出来てちゃんと使えていますから、お忙しい中親身になって対応してくれたAppleサポートの担当者様には感謝の気持ちで一杯です。

コメント