【Amazonセール】私のおすすめ商品

【ちょっと後悔】カインズにトイレのリフォームをお願いした結果

カインズでリフォーム後のTOTOのウォシュレット
カインズでリフォーム後のTOTOのウォシュレット

家のTOTOのウォシュレットトイレのリモコンが壊れてしまい、手動で水を流さなければいけなくなったため、思い切ってトイレのリフォームをしました。

うちのキャビネットタイプのウォシュレットは、リモコンが故障した場合はキャビネットを開けて手動でレバーを動かせば水自体は流せたのですが、トイレ自体も設置後10年以上経過しているので、この際リフォームをお願いして便器もまるごと新品に交換してもらった次第。

スポンサーリンク

神対応だったTOTOのサポート

一応リモコン故障後に「リモコンのみ修理可能か否か」TOTOのサポートに電話してみたのですが、出張サービスで伺って修理可能か診断することが可能とのことでしたので、来てもらうことにしちゃいました。

しかも、診断から出張(訪問)料金まで全て無料で行ってくれるとの話。

「ユーザー登録もしていないし、トイレも10年以上経っているはずなんですが?」と言いましたが、それでもOKなんですって。

で、2日後くらいに来てくれて、ちゃんと隅々まで調査してくれ、しかも約束通り出張料金まで無料で対応してくれました。

来てくれたのはTOTOの人ではなく、地元の提携している工務店の方?が来てくれたので、それで無料の形で出張サポート対応出来るみたいですね。

hiroa
hiroa

名刺にはTOTOメンテナンス(株)サービス代行店と書かれていました

結果的にはリモコンのみが故障しているだろうということでしたが、10年以上経過しているため、修理の部品が調達できないとの話になり、その際にキャビネットを開いて手動で水を流す方法を教わった形。

トイレには特にこだわりはなく「TOTOじゃなくてLIXILでもいいか」とも考えましたが、このTOTOの神サポート対応によって、うちのトイレには再度TOTO製のトイレが座ることになりました。

長期保証だったり、特別なサポート料金支払っているわけでもないのに、10年以上経過した自社製品に対して出張料金も取らずに見に来てくれるって凄い話です。

結果的にお金に変わったんだから「損して得取れ」なんでしょうけど。

スポンサーリンク

カインズホームでトイレのリフォームをお願いしてみた

今回のリフォームはタイトル通りで、地元のカインズ(カインズホームから改名したそう)にお願いしています。

トイレのリフォーム内容

  • 便器を含めたトイレ丸ごと交換
  • キャビネットの交換
  • クロスの張り替え(床のみ)

こんな感じでほぼ丸ごとリフォームの形ではありましたが、トイレの側面や天井のクロスは特に酷い汚れもないため今回は行っていません。

カインズのトイレのリフォーム費用

カインズのトイレリフォーム見積書
カインズのトイレリフォーム見積書

ちょっと見せちゃっていいのか分からないので、ちゃんとやってますの証拠として見積書の一部だけ。

消費税込みで345,000円というのが今回のトイレのリフォーム費用の見積もりでした。

ちなみにウォッシュレットはアプリコット

背面のキャビネットを含めた便器はレストパルという構成。

TOTOのウォシュレットレストパル
TOTOのウォシュレットレストパル

キャビネットというのは背面のこんな感じの棚で、うちの場合は両端が開いて収納スペースになっています。

見積り料金に関しては、これが高いのか安いのかは私は分かりません。

本当ならあちこちから見積もり取って一番安いとか対応が良いと感じたところにお願いすればベストなのでしょうが、今年は何かと忙しくて、面倒くさかったので全て家族に任せっきりでした。

スポンサーリンク

カインズ下請けは木下工務店?

リフォームをお願いしにいったのは書いている通りでホームセンターのカインズホームなのですが、見積もりを取るのに自宅に来てくれたのは地元の工務店の人で、

後日郵送されてきた見積書には木下工務店の名前が。

カインズホームは木下工務店と業務提携しているんでしょうかね?

で、実際に施工してくれたのは見積もりを取りに来てくれた地元の工務店の人だったので、木下工務店の下請けって形なのかな?

いまいち良く分かりませんが、とりあえずカインズホーム自体が施工しているわけではないようです。

トイレのリフォーム3か月待ち

実はトイレのリフォームのお願いして見積もりも取ってもらったのが9月で、実際に施工してくれたのは12月末になりました。

というのも、例の半導体不足でトイレが海外からなかなか入ってこないんだそう。

便器だけなら問題ないのでしょうが、ウォシュレットにも当然半導体が使われているわけで、なかなか数が作れないみたいな話をしていました。

リフォームに掛かった時間

職人さんは1人で、朝の8時に来てくれて、終了したのが午後15時頃とのこと(当日は家族が対応)。

クロスはクロス職人さんが別に来て、トイレはトイレで別の職人が担当したようですが、クロス職人さんは床だけだったこともあって乾かす工程も含めて1時間弱くらいで帰ったそう。

暮の忙しい時期に半日もかけてリフォームしてくれて、職人さんには感謝の気持ちしかありません。

スポンサーリンク

カインズでトイレのリフォームをしてちょっと後悔した点

カインズでリフォーム後のTOTOのウォシュレット
カインズでリフォーム後のTOTOのウォシュレット

クロス床だけですが、このクロスも含めてとても丁寧に作業(クロスは別の人)してもらって満足しています。

ただ、私は目が悪いこともあるからか翌日にならないと気が付かなかったのですが、

このトイレはキャビネットの両端が開いて中が収納スペースになっているのですが、

向かって左のキャビネットを見てみたら、キャビネットの端の処理がギザギザに。

このキャビネットの端の部分はゴムなのですが、明らかにフリーハンドで適当にカットした後があって「えっ?」と。

しかも、最下部のちょっとだけじゃなくて、30cmくらいちょいちょいハサミが入れられていてギザギザに。

とりあえずカインズホームに電話して折返し職人さんから連絡をもらうことに。

正月三が日が終わり4日の朝に即連絡がきて事情を聞いてみたところ、やはりフリーハンドではさみでカットしましたと。

職人さん
職人さん

床にいくにつれてトイレの側面の壁が微妙に傾いているため、キャビネットの開閉時に壁に当たってしまう(擦れてしまう)部分を切りました

というのが理由だそう。

ただ、自分がこの手の安価で入手可能なアナログの水平器で調べてみた限りは、微妙に傾いているのは壁じゃなくてキャビネットの方だったのですが・・・。

「もう少しキレイに出来なかったのか?」との問には、キャビネットを備え付けてからしか切ることが出来なかったので、仕方がなかったとの答え。

確かに備え付けた後じゃないと壁に擦れるか否かの判断は出来なかったのかも知れませんが、擦れると分かった時点で外してカッターなりでキレイにカット出来なかったのかな?という疑問も(あくまでも素人考えですが)。

「端のゴム部分だけ取り替えらない?」との問いには「それは出来ません」と。

職人さんは「再度伺って可能な限り直します」とは言ってくれましたが、更に切られて今度は隙間が酷いことになっても嫌なので丁重にお断りしました。

凄く腰の低くて良い人そうだったので、私自身あまり強くも言えず・・・。

それに本当に忙しい時期にやってもらいましたから、申し訳ない気持ちもありましたし、タイトルに「ちょっと」とつけた通りで、そこまで酷いとは思っていないので。

ちなみに同居している家族(女性2名)は

うちの女性陣
うちの女性陣

気にしなければ気にならない所なんだから別に良いじゃん

とのことで、そもそも私が電話すると言ったら「悪いから電話するな」と怒ったくらい・・・。

このくらいは普通は許容範囲なんですかね?35万円出した新品でこれかよ?と思って電話してしまう私が厳しすぎるのか?

まとめ

いずれにしても、トイレは綺麗になりましたから、トイレのリフォームに関しては大変満足しています。

このキャビネット扉の端のギザギザさえなければ完璧だったんですけども・・・。

見積り料金に関しては、トイレの種類や工事の内容(クロス貼り)等によって様々なので、あくまでも一例ということで。

それと、結局どこにお願いしようと施工する職人さんの腕次第ですから、当たり外れは必ず出てしまいます。

カインズだからとか、そういうのはあまり関係ないと思いますので、そこら辺はご理解下さい。

ちなみに、TOTOのトイレはメーカー無料保証を5年もしくは10年に延長可能な独自の長期保証制度も用意されていました。

価格も高額なトイレの割には手頃なので、いざという時のために加入すると良いのかもですね。

これはあり得ないでしょとのこと

建築関連の社長をやっているうちの弟が久々にうちに寄ったからこのトイレを見てもらいました。

建築関連といっても仕事の内容は一般住宅じゃなく店舗等のボード貼り仕事だそう(私は良く分かりません)で、詳しくは分からないけどと前置きしつつ、

キャビネットは事前に寸法を測って作った物を設置するわけだから通常はあり得ないのでは?

との話。

確かに事前に寸法を測って(作業員とは別の人だったそう)3か月後の施工でした。

おまけに「巾木まで切られてるんだけど」とのこと。

元のままの巾木
元のままの反対側の巾木

巾木とはこのような壁と床の境目に設置されている木で、確かに反対側のトイレ設置前の状態の巾木と比較すると、

施工時に切られたであろう巾木
施工時に切られたであろう巾木

明らかに不自然に切られていました。

キャビネットの扉は押すとポンと跳ね返って開く形(プッシュラッチと呼ぶそう)なのですが、開閉を繰り返している内に、徐々にこの跳ね返りが弱くなり、最近は扉と壁の隙間に手を入れて引っ張り出すしかなかったので、これも直してもらいましたが「全体的に素人のDIYレベルで、俺なら金払わね」とか言って怒ってました。

ちなみに後で私がググって知ったのですが、TOTOのキャビネットの扉はドライバー1本で前後左右に微調整可能なようです。

微調整くらいで済むレベルなら扉外したりしなくても自分自身で直せるのかも。

ただ、うちの場合は設置場所の関係で、この「左右調節ねじ」自体が便器が邪魔して見ることすらできませんでしたが。

それもあってこうなったのか?

なお、上記した通りで「カインズだから」というより単に作業員の腕が悪かった?だけの話で、カインズでやってもらったから記事のタイトルにカインズとつけましたけど、どこでやってもこういう施工は起こり得るんだと思います。

コメント

  1. みるく より:

    大変参考になりました。ありがとうございます。