【実機比較】最新Apple TV 4Kと最新Fire TV Cubeどちらがオススメなのか?

Apple TV 4K(2021)
Apple TV 4K(2021)

5月28日に届いた最新のApple TV 4K(2021) 64GBをガッツリ使ってみたので、今まで使用し続けていたAmazonのFire TV Cubeと自分なりの視点で比較してみました。

なお、Fire TV Cubeを所有しているのにわざわざApple TV 4Kを追加購入した理由はこちらに書いた通りで、早い話が「NURO光&バッファロー最速ルーター」を最大限活かしたいから。

Fire TV Cubeはそのまま手元に残す形で、2階の自室にApple TV 4K、1階のリビングでFire TV Cubeを使い続けることになります。

スポンサーリンク

Apple TV 4Kの良い点

動作が非常に高速

Apple TV 4K(2021)のメイン画面
Apple TV 4K(2021)のメイン画面

各コンテンツやアプリの動作は非常に高速で快適です。

スクロールしても引っかからないし、全体的に機敏に動作するから気持ち良く使えます。

ただし、Fire TV Cubeよりも電源オンからトップページが表示されるまで待たされる時間が若干長く待たされるかな。

まぁそう言ってもApple TV 4Kの電源を入れてから5、6秒でトップページが表示されるから特に不満はありません。

シンプルで分かりやすいUI

Apple TV 4Kのメイン画面(トップページ)は上の写真の通りで、アイコンが整然と並んだ状態で表示されるため、シンプルで分かりやすい。

アップル製品らしく、シンプルでオシャレで分かりやすいUIは好印象。

リモコン・本体のデザインと質感

Apple TV 4K(2021)のリモコン
Apple TV 4K(2021)のリモコン

リモコンはアルミ削り出しの上質な質感で、ボタンのクリックした際の音や感触にまでこだわって作られている印象。

本体もプラスチックながら質感は悪くないし、シンプルでコンパクトで美しく仕上がっています。

デザイン性に関してはさすがAppleといった感じ。

ちなみにリモコンの正式名称は「Siri Remote」と呼ぶそう。

スポンサーリンク

電池不要で充電式のSiri Remote(リモコン)

Siri Remoteは充電式なので、電池を購入する必要がありません。

Siri Remoteの電池残量表示
Siri Remoteの電池残量表示

バッテリー残量の確認もApple TV 4Kから簡単に出来ます。

ただし、充電にはLightningケーブルが必要で、完全に充電するためには約3時間必要とのこと。

「一般的な使いかたで1年に数回充電する必要がある」と公式ページに記載されているので、1度充電してしまえば頻繁に充電する必要はなさげ。

ちなみに上の写真は約2週間(1日平均約1時間)使用しての電池残量で、届いてから一度も充電はしていません。

なお、初期状態で何%だったのかは未確認のため不明。

有線がギガビットEthernetで高速

有線はギガビットEthernetを搭載しているため、理論上は100MbpsまでのFire TV Cubeよりも断然高速です。

私がApple TV 4Kを追加購入した主な理由はこの点。

Apple TV 4KのギガビットEthernetポート
Apple TV 4KのギガビットEthernetポート

本体にはちゃんとイーサネットポートが用意されているから、直接ケーブルを接続するだけ。

Fire TV Cubeのイーサネットアダプタ
Fire TV Cubeのイーサネットアダプタ

Fire TV Cubeの場合はこんな感じでイーサネットアダプタをぶら下げる必要があります。

Wi-Fi6で無線も高速

Wi-Fiも802.11ax(Wi-Fi6)に対応している分、802.11ac(Wi-Fi5)のFire TV Cubeよりも理論上は高速になります。

有線と同様に「理論上は・・・」の注釈がつくのは、設置する部屋のインターネット回線やWi-Fiルーター等の環境に依存するから。

Apple TV 4KがWi-Fi6に対応していても、ルーター側が未対応だったらWi-Fi6で通信することは出来ないし、そもそもネットの回線速度が遅かったら意味ないので。

電源オン時にランプ点灯

両機種共に電源オフ機能がなく、スリープのみなのですが、Apple TV 4Kの場合は電源ランプが点灯、消灯するので分かりやすいです。

Fire TV Cubeはこれがないから、電源のオンオフ状態が分かりづらい。

どちらも付けっぱなし状態が続くと勝手にスリープになるように時間設定することが出来ますけど、分かりやすいほうが良いに決まっています。

スポンサーリンク

YouTube動画の広告位置表示

Apple TVのYouTube動画の広告位置表示
Apple TVのYouTube動画の広告位置表示

気にする人がいるかは分かりませんが、Apple TV 4KのYouTubeアプリは、YouTube動画の広告表示位置が表示されます

いわゆるミッドロール広告と言われる動画内の途中で挟まれる広告は動画作成者が意図的に入れますが、広告が表示される位置はシークバー(再生バー)に黄色の区切りで表示されます。

これがApple TV 4Kだと表示されるので、広告が入る前の視聴中止が容易になっています。

Fire TV Cubeの場合は表示がなく、視聴中に広告が始まる前に「広告6秒前」みたいな表示が出るだけ(出ない場合もある?)。

Fire TV Cubeもそれ見てやめれば良いだけですけど。

HDMIとサウンドバーとの連携が完璧

これに関しては単に私の環境の問題にはなりますが、

  • Fire TV Cube
  • テレビ:LG OLED65B7P
  • サウンドバー:ソニー HT-S200F

この環境でHDMIケーブルで接続すると、稀に音が全く鳴らない不具合が発生していて、非常に困っていましたが、Apple TV 4Kに変更して以降はこの問題は一切起こらなくなりました。

Amazonのサポートに電話した際は「機器の相性の問題でうちの問題ではない」と言われ、まぁ確かに仕方がないと納得(ソニー、LG全てで「相性」と一蹴されました)していましたが、Apple TV 4Kだと何ら問題がないので、やっぱりFire TV Cubeの問題だったことが判明。

もっとも上記の組み合わせで発生するわけだから、Amazon側に非があるわけでもないですけども。

スポンサーリンク

Amazon Fire TV Cubeの良い点

分かりやすいUI

Fire TV Cubeのメイン画面
Fire TV Cubeのメイン画面

UIに関してはトップページに理路整然とアイコンが並んでシンプルで美しいApple TV 4Kも好きですが、個人的には更に使いやすいFire TV Cubeのほうが好みでした。

私がPrime Videoの動画視聴がメインになることもあり、Fire TV CubeのほうがPrime Videoの動画にアクセスしやすいからかも知れませんが。

Fire TV Cubeのライブ放送表示機能
Fire TV Cubeのライブ放送表示機能

また、Abema TVやHulu等に関しては、ライブ放送をトップページ上に即表示してくれる機能もあるので、両方共に利用している私としてはとても重宝しています。

頻繁にアクセスするアプリをトップページのメインバーに表示できるのも便利。

動作が非常に高速

動作は非常に高速で、Apple TV 4Kと遜色ありません。

電源オンからトップページが表示されるまでの時間はこちらの方が若干速い感じ。

値段の安さ

通常価格は14,980円とApple TV 4Kと比較しても特段の安さは感じませんが、こちらはAmazonのプライムセールで度々セール価格になるので、その際に購入すればかなりお得に購入できるようです。

私は定価購入しているので、セール価格が分かりませんが、いくらで買えるかググってみたところ、8,980円と書かれていました。

ちなみに両機種共にHDMIケーブルは別売り。

発熱の少なさ

Apple TV 4K vs Fire TV Cube本体サイズ比較
Apple TV 4K vs Fire TV Cube本体サイズ比較

発熱は本体がかなり大きいこともあってApple TV 4Kよりは少ない印象。

ただ、稀にフリーズすることはありました。

動画を探す際とかに高速でスクロールさせたりすると固まってしまうみたいな。

アップデートが割と頻繁にあるため、修正前の一時的な不具合でフリーズしてしまった可能性も否定できませんけど。

ちなみに購入日は2020年の1月31日ですから、1年4か月以上使い続けている中で数回フリーズしただけの話です。

Apple TV 4Kのほうはまだ一度もフリーズしていませんが、こちらはまだ2週間ちょいしか使っていないので。

リモコンが安い

両機種共に当然リモコンが付属していますが、紛失や故障の際には当然買い替えの必要があります。

Apple TV 4Kのほうは6,500円も必要になるのに対して、Fire TV Cubeは2,980円で購入可能。

スポンサーリンク

Apple TV 4Kのいまいちな点

U-NEXTの「その他」が視聴不可

U-NEXTは親アカウント(メインアカウント)のみ「その他」というジャンル(早い話が大人向けの動画)が視聴可能なのですが、Apple TV 4Kだとこの「その他」が非表示となり視聴することが出来ません。

「その他」目当てでU-NEXTに登録している私としてはこれは致命的な欠点でした。

Apple TV 4KはU-NEXTその他が非表示
Apple TV 4KはU-NEXTその他が非表示

一応グラビアまでならブラウザやタブレット等の別の端末でウォッチリストに登録しておけばウォッチリストから視聴は可能ですが、ムフフなやつは一切ダメでした。

これFire TV Cubeだと問題なく視聴可能なんですけども・・・。

Gyaoアプリなし

Apple TV 4KはGyaoなし
Apple TV 4KはGyaoなし

こちらは3月で終了になったとのこと。

これもFire TV Cubeだと問題なく視聴可能で、映画の「ドラマ」や「Vシネマ」内のムフフなやつまで普通に観れます。

Gyaoはここら辺の大人の映画がかなり充実していることもあって弾かれたのかな?

U-NEXTもこの通りですから、ここら辺Amazonよりも厳しく設定しているのかも知れません。

ちなみに「dアニメストア」なんかもありませんから、ここら辺常用している人はFire TV Cubeのほうが良いのかも。

一応、AirPlay(画面ミラーリング)を使えば視聴可能ですが、単体で視聴出来たほうが良いに決まっているし、スマートな視聴方法じゃないです。

Siri Remote(リモコン)に入力切替がない

Apple TV 4K(2021)のリモコン
Apple TV 4K(2021)のリモコン

設定すればApple TV 4Kのリモコンのみでテレビの電源のオンオフや、音量切替なんかは出来るのですが、テレビの入力切替がないので、結局このテレビのリモコンも同時に使わなければいけない羽目に。

動画視聴とゲームを半々くらいで楽しんでいる私としては動画視聴を終了して続けてゲームを始めることも頻繁にあるため、テレビの入力切替ボタンがないと使い物になりません。

もちろん入力切替がないと地デジに変更も出来ないから結果的にテレビのリモコンも傍らに置いておくことになるはず。

これFire TV Cubeも全く一緒なんですが、なんで入力切替ボタンを搭載しないんですかね?理解に苦しみます。

本体の発熱具合

Apple TV 4Kの底面の通風口
Apple TV 4Kの底面の通風口

底面に排熱用の通気口が設けられているものの、Fire TV Cubeと比較して一目瞭然の通り、本体がかなり薄いこともあって熱が籠もりやすく、本体が発熱しやすい印象です。

今のところフリーズしたりはありませんが、触るとかなり熱くなるので、私は念のため本体下に通気口を塞がないような土台を置いて熱が籠もらないように&逃しやすいような形で使用しています。

Fire TV Cube底面の通気口
Fire TV Cube底面の通気口

ちなみにFire TV Cubeも底面に通気口っぽいのがあるのですが、これはスピーカーだそう。

シリコン?ゴム?の素材なので、こんな感じでホコリが付着しやすいです。

スポンサーリンク

Amazon Fire TV Cubeのいまいちな点

電源アダプタがデカすぎ

Fire TV Cubeの電源アダプタとApple TV 4Kの電源コード
Fire TV Cubeの電源アダプタとApple TV 4Kの電源コード

かなり大きいので、場合によっては干渉してコンセントに挿せないケースも考えられるので注意は必要です。

一方のApple TV 4Kは電源コードタイプ(写真右)でアダプタは不要なのでスマート。

ネット回線周りが旧式

Wi-Fiは802.11ac(Wi-Fi5)まで、有線は100Mbpsまでと、Apple TV 4Kが802.11ax(Wi-Fi6)、ギガビットイーサネットまで対応しているのと比較するとひと世代前の仕様にとどまっています。

もっとも4K動画視聴は11ac、100Mbpsまでで十分ですし、肝心の4Kコンテンツのほうが未だに一向に揃ってきていないのが現状ですけども。

また、Wi-Fi接続の際に2.4GHz帯だと問題はないものの、5GHz帯に接続する場合はチャンネルを「36」「40」「44」「48」のいずれかに固定しなければいけません

今のルーターは空いているチャンネルに自動変更する機能が備わっているものが多いため、これを設定してやらないと接続できない問題が発生してしまいます。

有線時にイーサネットアダプタが別途必要

イーサネットアダプタ自体は同梱されていますが、

Fire TV Cubeのイーサネットアダプタ
Fire TV Cubeのイーサネットアダプタ

本体とこのイーサネットアダプタをケーブルで接続する形なので、見た目的に不格好になるのが玉に瑕。

Apple TV 4KのギガビットEthernetポート
Apple TV 4KのギガビットEthernetポート

Apple TV 4Kのように本体にコネクタが用意されているほうが当然見た目的にスマートです。

リモコンの質感が安っぽい

Apple TV 4KとFire TV Cubeリモコン比較
Apple TV 4KとFire TV Cubeリモコン比較

Apple TV 4Kのリモコンが金属製で良すぎるってだけの話ですが、比較してしまうとさすがにちょっとなと。

Apple TV 4Kのリモコンは押し心地とかまでこだわって作られているので。

リモコンに入力切替がない

これはApple TV 4Kのほうにも書いた通り。

スポンサーリンク

Apple TV 4KとFire TV Cubeの画質や音質の比較

Apple TV 4K vs Fire TV Cube本体サイズ比較
Apple TV 4K vs Fire TV Cube本体サイズ比較

これに関してはどちらも同等なのかなとは。

Apple TV 4Kのほうがより細かく設定することが出来るのですが、これに関してはテレビと使用しているサウンドバーとの兼ね合いもあるからなんとも。

とりあえず私のLGの2017年製の有機ELテレビとソニーのサウンドバーとの組み合わせだと、両機種共に画質や音質の面で大きな差は感じません。

スペック上もどちらも

  • Dolby Atmos
  • Dolby Vision
  • HDR10

等々が仕様に記載されています。

私自身あまり詳しくないので、詳しい方がスペック比較すると細かな点で違いはあるのかも知れませんが。

Apple TV+に関して

アップル端末を購入すると1年間無料視聴が可能になるApple TV+ですが、評判通りコンテンツ不足が酷くて結局ほとんど観ていません。

  • 小さな世界
  • カラーで見る夜の世界

は動物好きの私にとっては珠玉のコンテンツでしたが。

それとApple TV 4Kから直接Apple TV+に加入できない点もちょっと面倒くさいですね。

サブスクの設定をしないといけないから、スマホやタブレット、ブラウザ等から加入する必要がありました。

まとめ

正直どっち買っても気持ち良く使えるのかなとは。

ただし、セール価格で購入するのなら断然Fire TV Cubeをオススメします。

本体も電源アダプタもデカいし、リモコンも質感が悪く、全体的なデザインや質感的にはApple TV 4Kに劣りますが、動画を視聴するという本体の目的だけで考えればにむしろこちらの方が使いやすいし、「Gyao」や「dアニメストア」等のApple TV 4Kでは使えないアプリも使えるのも便利です。

あえてApple TV 4Kのほうを選択するとしたら、やはりネットワーク周りが先進的ってところかな。

Wi-FiがWi-Fi6に対応している点や、有線がギガイーサネットに対応している点は個人的には魅力的に感じました。

今後4Kで配信されるコンテンツも増えていくかも知れないし、より長く使いたいと考えるのであればApple TV 4Kの選択肢もありかと。

ちなみに体感的にはWi-Fiでも有線でもFire TV Cubeと比較して高速になっている感じは受けませんでした(^_^;)

実測値的にはどうだろうと考えたものの、Apple TV 4Kってブラウザアプリもない(Fire TVにはあり)ので、速度測定するのに見知らぬアプリをインストールする必要があって躊躇してしまいました。

DaVinci Resolveやカメラで有名なBlackmagic Designが作ってる「Blackmagic Disk Speed Test」のような信頼できるアプリがあれば話は別なんですが・・・。

コメント