致命的な欠点あり!ソニー「WF-H800」ワイヤレスイヤホンのレビュー

ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-H800」

ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-H800」

ソニーのウォークマン「NW-A105」を購入した際に、ワイヤレスイヤホンも同時購入すると3,000円が5,000円に増額してキャッシュバックされると言うことだったので、ついでに購入してみたソニーのワイヤレスイヤホン「WF-H800」です。

ネット上をざっと見た感じ音質に関する評価も上々のようだし、連続再生時間も

本体8時間 × イヤホンケース8時間

とまずまずの長時間再生可能で、同じソニーのノイキャン付きの「WF-1000XM3」よりもイヤホンのデザインが好みだったこともあって、こちらの方をあえてチョイスしてみました。

また、ソニーのワイヤレスイヤホンには「DSEE HX」という擬似的ながら通常音源をハイレゾ級の音源までアップスケーリングしてくれるソニー独自の機能が搭載されているという点も非常に魅力的に感じました。

まさかこの「DSEE HX」がこのイヤホン性能の足を引っ張る致命的な欠点になっているとは購入直後まで知るよしもなく・・・。

スポンサーリンク

「WF-H800」詳細

WF-H800の外観(デザイン)&質感

イヤホン本体は楕円形の横幅があるデザインで、

WF-H800 | ヘッドホン | ソニー
ソニー ヘッドホン 公式ウェブサイト。ヘッドホンWF-H800の商品ページです。

公式ページのモデルさんたちのイヤホン着用時のサンプル写真を見てもらってもお分かりの通りでちょっと大きめなのかなとは。

イヤホン表面に印字されているSONYのロゴに関しても、かなり大きめサイズで他人から見えるように入ってしまっているので、気になる人は気になるかも知れません。

個人的にはイヤホンのデザインに関しては装着してしまえば自分で見ることは無いから気にならないし、ロゴに関してもソニーファンなのでむしろ歓迎ですけど、ソニーに特別愛着を持っていない人たちからするとダサく見えるのかもですね。

特にこの私が購入したブラックはロゴが白字だから尚更目立ちやすいようです。

また質感は悪くはないものの、樹脂製なので高級感は無く、見た目的には安っぽく見えてしまう点も気になる人には気になる点なのかも。

充電ケースに関してはマットな質感で、丸みを帯びた小型軽量のボディでとても可愛らしい印象です。

手触りもツヤツヤしていてとても触り心地が良い反面、表面に引っ掻き傷等が目立ってしまいそう。

まぁイヤホン、ケース共にどちらかと言えばカジュアルで若い人向けのデザインや質感なので、これはこれで良しじゃないかと個人的には思います。

実際手にしてみると写真等での見た目よりも質感は高く感じましたので。

WF-H800の付属品

「WF-H800」の付属品類

「WF-H800」の付属品類

イヤホン本体&充電ケース以外の付属品は

  • 簡易取扱説明書&保証書
  • USBケーブル(Type-C 約20cm)
  • 交換用イヤピース

付属の説明書は簡易なものなので「詳細はウェブ」でって形。

充電の際に使用する付属のUSBケーブルは20cmと非常に短くて使いづらいです。

電源アダプターは付属しませんので別途自前で用意する必要があります。

WF-H800のイヤーピース

WF-H800のイヤーピース

イヤーピースは最初からイヤホンに付属しているものも含めると、4サイズ4種類付属してくる形。

耳にフィットしないと遮音性や音質が悪くなったり、落下の原因になったりと非常に重要なパーツですから、4サイズ付属してくるのは安心です。

写真のようにサイズごとに色分けされているのが分かりやすくて良い感じ。

スポンサーリンク

WF-H800の良かった点

予想以上だった音質

4月の初めに購入して現在は約80時間くらい使用している段階ですが、今まで完全ワイヤレスイヤホンは

この中国メーカーの安い2製品しか使っていなかったこともあり、完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり高音質でとても気に入りました

  • ドライバーユニットが6mmのドーム型
  • 対応コーデックがSBCとAACのみ
  • 伝送帯域(A2DP) 20Hz – 20,000Hz

ここら辺の数値だけを見ると大したことなさげに思ってしまいましたが、中音域が強調された聴きやすい音なので、どんなジャンルの音楽でも無難に鳴らすことが出来る印象。

私は趣味同様に広く浅くでどんなジャンルの音楽でも聴くから、個人的には凄く使いやすいイヤホンだなと。

なお、このイヤホンはデジタルオーディオプレーヤー(DAP)の同じくソニーのウォークマン「NW-A105」で主に「Amazon Music HD」のHD音源や、mora qualitasのハイレゾ音源メインで視聴しています。

ちなみに完全ワイヤレスイヤホンは中国製の安物だけしか持っていませんが、

書いた通りで、ソニーのウォークマン「NW-A105」も持っていますし、

FiiOのBluetoothアンプの「BTR5」、

評判の良いDENONの有線イヤホン「AH-C820」、

こちらも評判の良いJVCの有線イヤホン「HA-FD01」とそれなりの環境を揃えて音楽を楽しんでいますから、そこそこ耳は鍛えられている方だとは思います。

ちなみにこれらの有線イヤホンと比較してしまうと、特に音の解像度や明瞭度(特にこっち)の点で劣るのが聴き取れてしまいます。

特にフルステンレスボディでクリアでソリッドなサウンドを売りにしている「HA-FD01」と比較してしまうと「WF-H800」の方が特にボーカルの声がくぐもって聴こえてしまうって印象です。

まぁそれでも比較して聴き比べなければそれほど気になりませんし、有線イヤホンの方が音質が優れるのは当然で、完全ワイヤレスイヤホンには完全ワイヤレスならではの利点もあるから使い分けするのが正しい使い方なんだと割り切っていますから個人的には問題にはなりません。

「DSEE HX」搭載

CDやMP3などの圧縮音源、音楽や動画などのストリーミング再生の際も最大96kHz/24bitまで拡張してハイレゾ級の高音質に変換してくれるというソニー独自の魔法のような機能がこのイヤホンには搭載されています。

「Amazon Music HD」等で様々な音源でこの機能をオンオフして試してみた限りでは「そこまで大きな違いを感じない」というのが率直な感想ですが、基本的には常にオンにして聴いていれば間違いない機能ではあります。

抜群の装着感!

人間工学に基づいた耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しているとのこと。

確かに抜群のフィット感で、ちょっとジョギングしても耳からずれ落ちたり、外れてしまうことがありませんでした。

ちなみに重量は片耳約7.6gとのことですから、

  • Apple AirPods Pro・・・片耳5.4g
  • テクニクス EAH-AZ70W・・・片耳7g
  • ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2・・・片耳6g

テクニクスもゼンハイザーも写真で見るとゴツくて重そうに見えますが、それらよりも若干ながら重かったりします。

スポンサーリンク

ボタンスイッチ搭載

タッチセンサーじゃなく物理ボタンを搭載しているので、誤作動の心配がなく快適です。

タッチセンサー式だとタップしても動作しなかったり、逆にセンサーが鋭敏すぎてタッチミスが起こったりすることもあるので、個人的には嫌いなので物理ボタン搭載は気に入りました。

もちろんタッチ式でも上手に調整しているイヤホンは快適操作が可能なのでしょうが、個人的にはタップするよりもボタン操作の方が好み。

また、物理ボタンは両耳についていて、割り当てられる機能もスマホアプリで簡単に変更可能なのもとても便利です。

持ち歩きやすいサイズ感

充電ケース自体が小型軽量ですから、非常に持ち歩きしやすくて本当に便利だなと。

丸みを帯びていて表面もツヤツヤしていて触り心地も良いから、暇な時には手に持ってサワサワしてます。

Bluetooth接続の安定性

このイヤホンのBluetoothのバージョンは5.0で、2020年5月現在のBluetoothの最新バージョン5.1ではありませんが、十分な通信範囲や通信容量で接続の安定性は問題ありません。

ただし、今現在自粛生活中で観光地等の人が混雑する場所には行けていないことや、そもそも私の住まいは田舎なので人が多くて電波が飛び交う都会での使用テストは出来ませんのであしからず。

ちなみにゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless 2」は最新バージョンのBluetooth5.1を搭載しているみたいです。

それとペアリング後の接続の安定性もバッチリ。

認識されなくてまたペアリング作業しなきゃならないなんてことは今のところ一度もありません。

その他の機能満載

  • 通話機能(マイク搭載)
  • Google アシスタント
  • Amazon Alexa
  • 音声アシスト機能(Googleアプリ)
  • 音声アシスト機能(Siri)

私はウォークマンにのみ接続していて試していないのですが、これらも使えるとのこと。

驚くほど手厚いソニーストアの長期保証サービス

このイヤホンに限らずの話にはなりますが、私がソニーの完全ワイヤレスイヤホンを選択した理由の一つがソニー製品の長期保証制度です。

ソニーストアでの購入に限られるし、ソニー直だから販売価格は高くつきますが、

  • 故障
  • 破損
  • 水ぬれ
  • 火災
  • 水害
  • 落雷

これら全てうちのいずれかが原因での故障でも無料保証が約束される「ワイド」保証が3年保証で無料、もしくは5年保証で1,500円(いずれも私のケース)で付けられます。

また、完全ワイヤレスイヤホンの場合は「紛失あんしんサービス」という保証も選択可能で、こちらは1,000円プラスで入れる保証で、片方を紛失した場合「5,000円」で紛失した片方を新品で届けてくれるサービスです。

こちらは購入後1年のみの保証だったから私は入りませんでしたけど。

これらの世界的にみても驚くほどの手厚い長期保証サービスがソニーには用意されているので、長期間愛用したいと考えるソニー製品を購入する際はあえてソニーストアを利用しています。

α7R IIIが故障!ソニーストアの不具合対応や長期保証に関しての話
発売日にソニーストアで購入したカメラ「α7R III」が1年半で故障してしまいましたので、ソニーストアの長期保証や不具合対応について感じたことを書いてみました

ちなみに私はソニーのカメラα7R IIIでこの保証(ベーシックですが)を1度だけ利用した経験があって、その際非常に迅速かつ丁寧に対応してくれたことを確認済みです。(ブログは私の別ブログ)

スポンサーリンク

WF-H800の悪かった点

DSEE HXオンで8時間→3時間に激減する連続再生時間

タイトルで致命的な欠点と書いたのがこの件で、

h.ear in 3 Truly Wireless (WF-H800) | ヘルプガイド | 使用可能時間

このイヤホンの最大の目玉機能であるにも関わらず、なんとDSEE HXをAUTO(オン)に設定してしまうと、イヤホン本体の連続再生時間8時間がたったの3時間に短縮されてしまうことが買った後で判明しました。

私は最初この件に全く気付かず、何となくバッテリーが切れるの速いから初期不良なのかと疑ってしまいましたが、説明書をちゃんと読んだらこの話が書かれていてビックリでした。

しかも、これ公式サイトの製品紹介ページを見てもらうと分かりますけど、3時間に短縮されてしまうなんて記述は探しても一言も無いのですが?

家電量販店等で化粧箱を手に取って見たって「DSEE HX」を搭載していることは真っ先に売り文句として書かれているものの、8時間が3時間に短縮される件は注釈にも書かれていないから普通は分かりません。

これさすがに5時間も短縮されるのは詐欺じゃね?としか言いようがないですけど・・・。

いずれにしてもキチンと分かりやすく明記しておくべきなのでは?

念のためもう一度書いておきますが、

CDやMP3などの圧縮音源、音楽や動画などのストリーミング再生の際も最大96kHz/24bitまで拡張してハイレゾ級の高音質に変換してくれるというソニー独自の魔法のような機能

が「DSEE HX」で、このイヤホンに搭載されていますが、この目玉機能をオンにしてしまうと、こちらも売りである、連続再生時間8時間が3時間に短縮されてしまうのでご注意下さい。

なお、10分充電で70分使用可能なクイックチャージに対応している機種であることも合わせて記載しておきます。

主張しすぎるSONYのロゴ

デザインのところでも書きましたが、ケースやイヤホン本体にかなり大きめでSONYのロゴが入っていますので、苦手な人は苦手なのかなと。

特の私が購入したブラックは黒バックに白文字でSONYとデカデカと入るため、かなりロゴが目立ちます。

私にとっては「悪かった」という話ではありませんが一応。

分かりづらいバッテリー残量

バッテリー残量はイヤホン装着時に音声で知らせてくれたり、スマホやウォークマンのアプリ「Headphones Connect」で知ることは出来ますが、実際使うとわかるのですが、いまいち分かりづらいです。

また、私の個体だけなのかも知れませんが、何故か片耳だけ極端に残量が減った状態で表示されることがあったり(もちろん片方だけ外していたからってオチではなく)と、不安定なところもあります。

iPhoneやiPod touchだとイヤホン、ケース共にバッテリー残量が上部にアイコン表示されるようですけど、私のウォークマン(android)だとそれも表示されませんので。

セールで1,980円で買った中国製の激安イヤホンですらこんな感じでケースのバッテリー残量が一目で分かるシステムを搭載しているのですから、もう少し分かりやすい形で作って欲しいところ。

いちいち面倒臭いんですよねー。

この記事書いた後の5/9日にアップデートがきて、アプリのUIの大幅変更がありました。特に記載はありませんが、アプリの安定性もアップデートされているのかもです。

防滴性能もなし

私はワイド保証に加入しているし、この件は事前に分かって買っているので「悪い」と感じているわけではありませんが、梅雨の時期や汗をかきやすい夏の暑い時期に安心して使えるようにIPX4レベルの防滴性能くらいは有していればなというのが本音。

曲間等に鳴るノイズ

ウォークマンNW-A105利用で「Amazon Music HD」や「mora qualitas」で音楽を楽しんでいる際、曲が終わって次の曲に移行する間の空白時に、ブーというような不快なノイズ音が鳴ります。

楽曲中には鳴らないし、静寂に包まれた時間帯や場所でしか聞こえない程度の小さな音ではありますが、個人的にはかなり気になります。

まとめ

私自身は記載した通りで、それなりに整った環境で良い音で音楽を聴いている方だとは思いますけど、WF-H800の音はかなり満足のいく音で一安心といったところ。

ただ、カジュアルな見た目同様に若者向けでポップで元気な印象の音作りだから、私のようなアラフォーおじさんは長時間使用していると多少聴き疲れはしてしまいますが(苦笑)

あとはやはり装着感が抜群に良いのが大きな利点でしょうか。

いくら音が良くても落下の心配をしてしまうような装着感では音楽への集中を削がれてしまって音質以前の問題になるので。

その点このイヤホンは横幅が長いものの、その分しっかりと3点で支える形で耳へのホールド感が高まっているため、ズレ落ちや落下の心配もすることなく、音楽に集中することが可能です。

価格もそれなりに下落していて、上位機種の「WF-1000XM3」とも価格差が開いてきましたから、ノイキャンは未搭載ですが十分満足が行く完全ワイヤレスイヤホンなのではないかと思います。

一方残念な点は致命的と表現した通り「DSEE HXオンで極端に短くなる連続再生時間」で8時間が3時間にまで短縮されてしまう点。

パッケージを手に取って化粧箱に書かれた説明文を読んでも、ネットで公式サイトを見ても、Amazonの販売ページを見てもこの件は記載されていませんので、「8時間 × 8時間」で16時間使えると考えて購入するとガッカリしてしまうかと。

私自身もてっきり8時間だと思って買っていました。

「DSEE HX」はアップスケーリング機能で、通常の音源をハイレゾ相当に音質を向上させるいわばこのイヤホンの最大の売りの一つの機能なわけで「ハイレゾ級」と名乗れているのはこの機能を搭載しているからなので。

常時オンにして使いたい機能ですから、イヤホン本体の連続再生時間は3時間程度と考えておいた方がむしろ正解なのかも。

WF-XB700とWF-SP800Nを発売

ソニーが2020年6月に完全ワイヤレスイヤホンの新機種を2機種を発売するとのこと。

WF-XB700、WF-SP800N共に迫力の重低音「EXTRA BASSサウンド」が楽しめるモデルで、値段が高い方はノイキャンと防水、安価な方はノイキャンなしで防滴が備わっています。

ただし、WF-H800に搭載している「DSEE HX」が省かれているため「ハイレゾ級」は名乗っていないもよう。

逆に「DSEE HX」非搭載だからWF-H800のように、この機能をオンにすることで連続再生時間が極端に短くなってしまう欠点は無さそうですけど。

コメント