NURO光のONU(ZXHN F660T)は11ac未対応だった

NURO光の屋内工事後

フレッツ光からNURO光に変更する際に必要なSo-net側の宅内(屋内)工事が終わりましたが、NURO用とフレッツ光用の2つが部屋に残る羽目に・・・。

こんな感じでNTT東日本のフレッツ光と、NURO光の「光コンセント(光ローゼット)」が併設されてしまい、見栄えが非常に悪くて不満です。

とは言え、今までついていたNTTの方を外しちゃうと、NURO光の工事は2日(宅内So-net、屋外NTTの計2日)掛かり、2日目の工事後から開通となるから、客が丸々1日ネットが出来なくなるから外せないんでしょう。

それにこの「光キャビネット」(と呼ぶそう)が付いていれば、万一NURO光に不満だった場合、NTTに戻すのが簡単になるので、取り外さないのも悪くない。

スポンサーリンク

NURO光の宅内工事終了

NURO光の工事は2日掛かる

DSC08336

室内の裏側はこんな感じでNURO光用の「光キャビネット」が取り付けられます。

ちなみにうちは一戸建て。

そんなわけで、NURO光の工事は丸々2日掛かってしまいました。

NURO光のONUはひかり電話内臓ではない

NURO光のONU(ZXHN F660T)は11ac未対応

左の2つがNURO光のONU(ZXHN F660T)と、小さい方が「ひかり電話」を使う場合に必要となるTA(ターミナルアダプター)。

右端のフレッツ光のONU(PR-500KI)は、ひかり電話と一体型だから機器1台の設置で済みましたが、今後は機器が2つになってしまいますので邪魔臭い。

当然コンセントは2つ使用するし、多少とは言え電気代も2台分消費するわけだから、ここは改善の必要ありでしょう。

スポンサーリンク

ZXHN F660Tは11ac未対応

どちらも無線LAN内臓(NTTの場合は子機(上に付いている小さいやつ)がレンタル月額100円)だから、別途バッファロー等の無線LAN親機を購入しなくてもこのまま無線でネットに繋げるわけですが、このNURO光のONU(ZXHN F660T)は11ac未対応で11nでしか接続できません。

事前に調べなかった私が悪いんだけど、これ知らなかった・・・。

PR-500KIは11ac対応ですから、私が利用してるiMac 5KやiPad air2のWi-Fi速度が明らかに早くなったし、部屋の隅々まで電波が飛んだのですが、この辺がどうなるのか非常に気になるところ。(11acは11nに比べて約11.5倍高速と言われています)

実際うちの場合は2階にONUを設置しているため、電波の特性上、1階には電波が飛びづらく、1階ではネットが繋がり難い問題がありました。

11acに対応しているPR-500KIに変更して以降は、例えば全く繋がらなかった1階の風呂場の中でもネットが繋がっていましたので。

NURO光は最大2Gbps、無線450Mbpsだが・・・

NURO光は無線で最大450Mbps出るって言っているから、それでどの程度カバー出来るのかは実際繋いでみないと分かりませんね。

ちなみにフレッツ光の方は11acだと最大1Gbps出ると言っているみたい。

そのフレッツ光でのWi-Fi速度は11acでこんな感じ。端末はiMac 5Kを利用して計測しています。

夜の11時半に計測していますが、昼間とかでも大体このくらいですね。

BNRじゃなくてUSENのサイトとで調べても無線で大体平均60Mbpsです。

これがNURO光に変更してどうなるか…。

もちろん早くなる事を希望しますが、恐らくWi-Fiは遅くなるでしょうね。あと1階で繋がるかどうか…。

最悪11ac対応の機器を別途買う羽目になるかも。

無料で11ac対応のONUに交換してもらいました

NURO光にお願いしたら11ac対応のONU(ZXHN F660A)に交換してくれたよ
今まで11acに未対応のONUしかなかったNURO光ですが、ZXHN F660Aという最新ONUが11acに対応しているそうなので交換してもらいました。

後日NUROに11ac対応のONUに交換してもらった時のお話を追記しています。

コメント