ペット用で次亜塩素酸水を作るなら「ジアニストパウダー」がおすすめの理由

コロナ禍以降、ウイルス除菌目的で次亜塩素酸水を利用する人が多いようですが、私は人間用途ではなく、猫のシステムトイレの消臭・除菌目的で次亜塩素酸水をずっと愛用しています。

当初はAmazonで販売されている様々なペット用の除菌水を試していましたが、その後はコスパに優れる「ジアニスト」という次亜塩素酸水に切り替え、詰替え用のジアニストをリピートし続けていました。

ただ、コロナ禍のせいかジアニストも値上げが相次ぎ、コスパの良さを感じられなくなっていたため、今度は試しにパウダータイプのジアニストを購入してみたところ、これが非常に良かったのでシェアしてみたいなと。

スポンサーリンク

ジアニストって?

「ジアニスト」は水と塩を電気分解した水溶液を、マイクロバブル発生ノズルに導通させ二酸化炭素を含有した「特殊製法」により生まれた次亜塩素酸(正式名称:超微細気泡含有微酸性次亜塩素酸水溶液)です。

https://www.vitaminlabo.com/products/zianisuto/

いわゆる一般的に「次亜塩素酸水」と呼ばれる水溶液で、除菌や消臭に用いられるもので、ウイルス除菌も可能とのこともてはやされ、便乗?値上げが相次いでいます。

ちなみに「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は別物で、ナトリウムのほうはハイターのような塩素系漂白剤を指し、次亜塩素酸水は厚労省が食品添加物にも指定されている人害が極めて少ない溶液だそう。

私は専門家ではないから詳しくないので、詳細を知りたい方は以下の厚労省のサイトでご確認下さい。

ジアニストパウダーって?

ジアニストパウダー
ジアニストパウダー

その名の通りでパウダータイプのジアニストで、水道水にこのパウダーを溶かすことでジアニストを簡単に精製することが可能。

液体として精製されて販売されている場合、次亜塩素酸水の濃度は時間と共に下がってしまうため、早めに使い切らないと効果が薄れてしまうのですが、パウダータイプはその都度使いたい分だけ作ることも可能なのも非常に便利です。

スポンサーリンク

ジアニストはパウダーがおすすめの理由

作り方が超簡単!

ジアニストパウダーからジアニストの作り方
  1. 市販のスプレーボトルに500ml程度の水道水を入れる
  2. 付属のスプーンでジアニストパウダーをスプレーボトルに入れる
  3. よく振ってかき混ぜる

と、とにかく簡単。

防護用の眼鏡とマスク、手袋をしてくれとの説明書きがありますが、慎重にやれば特にしなくても問題ありません。

保管の場合も、ジアニストパウダーが入っている銀色のしっかりとした袋の空気をなるべく抜いて輪ゴムなんかでとめて封をし、

ジアニストパウダー
ジアニストパウダー

これまたしっかりとしたジッパー付きの外袋に入れて保管するだけ。

ちなみに、スプレーボトルは当初は別な物を使っていましたが、現在はAmazonでこの花王の業務用の花王プロフェッショナルシリーズというのを購入しています。

174円と非常に安価な割には送料無料のための個数制限がなく1個から送料無料で送ってくれるし、スプレーも細かく噴霧可能で耐久性(半年以上使用中)も特に問題もなし。

圧倒的にコスパに優れる!

上記した通りで、当初は詰替え用の2.5リットル入った水溶液タイプのジアニストを購入していましたが、猫のシステムトイレ用といってもうちは3匹(4匹だけど1匹は障害でトイレ不要)いるから結構吹きかけるんです。

各部屋に全部で4個の猫のトイレを設置していて、それぞれで使うから早くなくなってしまい、割と頻繁に購入する必要がありました。

ちなみにシステムトイレの砂は、木材のチップではなく、シリカゲルの砂です。

それでパウダータイプを試してみたのですが、これがめちゃくちゃコスパが良くて、私は猫のトイレの除菌目的で700ppmの濃度で精製しているのですが、400ml入のスプレーボトル用に作ると、ジアニストパウダーは1袋40g入りで、スプレーボトル1本作るのにスプーン2杯分(0.5g)使うからジアニストパウダー1袋で80本分作れる計算に。

しかもこのジアニストパウダー1袋で1000円も掛かりません(送料無料)

作りたての次亜塩素酸水が簡単に作れる!

次亜塩素酸水は時間と共に濃度が下がって効果が薄まるため、液体タイプはなるべく早めに使い切る必要があるのですが、パウダータイプはその都度液体を作れるし、濃度も自由に調整出来るから非常に便利。

私は500mlで700ppmを作れるところ、400mlのスプレーボトルで作っているから少し濃いめの濃度で作っています。

未開封状態で約3年間保管可能!

精製した次亜塩素酸水は2週間程度を目安に使い切って欲しいと書かれていますが、パウダーは未開封状態なら約3年間は保管可能だそう。

1袋だけよりもまとめ買いしたほうが多少安くなるので、まとめ買いしちゃいたい人も少なくないでしょうが、3年も持つなら問題ないでしょうね。

スポンサーリンク

ジアニストパウダーのいまいちな点

一定時間不快な匂いが残る

吹きかけた際ですが、プールに入った際に感じる塩素系の消毒液のような不快な匂いが1〜3分間くらい吹きかける量や濃度によって続きます。

早い時間で消えるものの、結構不快といえば不快に感じる人が多いのかなとは。

私はかなり濃い濃度で精製していることもあるからか、結構匂いは強烈に感じてしまいます。

ジアニストそのものが作れるわけではない

これ最初は気が付かなかったのですが、公式販売サイトにも以下のように書かれているのに後から気付きました。

成分であるジクロロイソシアヌル酸塩(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)は、水に溶解すると「次亜塩素酸(HClO)とイソシアヌル酸」を生成します。ジアニスト(液体タイプ)と同一な液体が出来る訳ではありません。

というわけで、液体タイプのジアニストと比較すると効果は落ちるのかも知れません。

コロナに対しての効果は疑問符が

上でリンクを貼った厚労省のサイトによると、次亜塩素酸水のコロナウイルスに対する効果は、物に付着した場合は除菌可能らしいですが、手や指に付着した場合の除菌効果は「未評価」と記述しています。

スポンサーリンク

ジアニストパウダーの効果は?

肝心の効果ですが、消臭に関しては匂いがキツい猫のおしっこだと、時間が経つとやはり多少は臭う(復活する)ものの、使うのと使わないのとでは雲泥の差があるのは間違いありません。

システムトイレの砂は一般的な猫砂とは異なり、用を足した部分を取り除かずに猫砂を交換するまで1か月程度使い続けることが可能なため、消臭をしないと臭くなりやすいので、消臭スプレーを使う人も多いと思いますが、ジアニストパウダーで精製された液体はペットにも害が少ないでしょうし、匂いでごまかすタイプでもないからおすすめです。

消臭効果に関しては、液体タイプとパウダータイプで効果に違いは無いと感じています。

また、うちの猫は1匹だけ吐き癖がある子がいて、その吐瀉物の清掃にも使用しますが、その際も匂いは問題なく取り去ってくれます。

もちろん生ゴミに吹きかけたり等の人間用の消臭目的でも使用可能だからあると本当に便利です。

人体への害は少ないため、小さいお子さんがいるご家庭でも安心かと。

なお、除菌効果に関しては調べるすべがないため、私には分かりません

これに関してはジアニストを製造・販売している企業を信じるしかないという話にとどまります。

ジアニストパウダーおすすめです

以前は別な次亜塩素酸水や液体タイプのジアニストも使っていたのですが、2021年の1月から完全にパウダータイプに変更した形。

そんなわけで、1年間がっつり使ってみて効果もコスパも優れることを実感しましたので、私は次亜塩素酸水を購入するならジアニストパウダーをおすすめしたいなと。

なにしろ大量に作れますし、ジアニストパウダー自体も安価なので。

Amazon、楽天、ヤフー全てで公式に製造販売元が直販しているので、使っていないポイントを使って購入するのもあり。

ただし

液体のジアニストとは異なる

という点は理解しておいたほうが良いのかも。

パウダーから精製された液体がジアニストとは異なることは上記した通り販売元が認めている事実ですから、厳密にいうと液体のジアニストよりも効果が劣るのかも知れません。

私は医学的、薬学的、いずれの知識もないので、気になる点があるなら購入前に問い合わせてみると良いと思います。

コメント