本当に美味しい「干し芋」販売店を茨城県民が教えます

私が現在暮らしている茨城県といえば「都道府県魅力度ランキング」で7年連続最下位という驚くべき不人気県ですが、農作物の生産が盛んなため、美味しい野菜や果物が格安で手に入ったり食べられたりします。

本当に美味しい茨城県産の干し芋

本当に美味しい茨城県産の干し芋

中でも特にオススメなのが「干し芋」で、茨城県の生産量が全国シェアの9割以上だそう。

私自身はここ5、6年くらいは毎年近所のおじさんの知り合いの農家さんから干し芋の季節になると箱でドッサリ送られてきたので、干し芋を買いに行くことすらありませんでしたが、この農家さんが去年農家を引退してしまったため、今年は新規で美味しい干し芋販売店を開拓する必要がありました。

有名な販売店を数件買い回って食べ比べてみた後、幸いなことに味も値段も文句なしで素晴らしい干し芋販売店を見つけることが出来ましたので、ご興味ある方にシェアしたいなと。

と、その前に私自身が今年実際に買い回ってみた茨城県内で有名な干し芋販売店、直売所をまずはご紹介。

スポンサーリンク

茨城県内で有名な干し芋販売店

ほしいも専門店 大丸屋

茨城県民なら誰でも知っていると言うのは言い過ぎかも知れませんが、恐らく一番有名な干し芋販売店で、観光バスとかも見かけるくらいの超メジャーなお店。

私ももちろん知っていましたので、まず真っ先にこのお店に足を運びました。

干し芋の種類が豊富で、味も間違いなく美味しかったのですが、量の割に価格が高くて、1回行っただけでやめました。

あ、一応書いておくと、私が訪れた日は結構人がいたからあまりゆっくり店内を見てることが出来なかった(割と狭い店だけど)ので、もしかすると店内にはちゃんとお買い得品とか置いてあるのかも知れませんし、日によってお得な商品が並ぶこともあるのかも知れません。

JA常陸 長砂直売所

こちらはJAが運営する直売所で、様々な農家さんが作った干し芋が販売されています。

ここも本当に有名で、干し芋好きな茨城県民なら誰でも知ってると言っても過言じゃないくらい超メジャーなお店。

ただ、様々な生産者の干し芋が売られているだけに、当たり外れが存在するのが難点で、今年3回買いに行った中で1回だけ柔らかいだけで甘みが少ないマズい干し芋に当たってしまいました。

私自身は書いた通りで、例年決まった農家さんから送られてくるのを食べていただけなので、干し芋の知識自体は全くありませんから、ちょっとこの手の直売所での購入は意外と難しいのかなと思ってしまいました。

茨城県産だからと言って美味い干し芋ばかりでは当然なく、マズいのはマズいです。

パッサパサで芋が硬かったり、柔らかいけど甘みが足りなかったり・・・。

パッケージの状態ではどれも美味しそうに見えるから、美味しいマズいを見分けるのは素人では難しいです。

スポンサーリンク

私が見つけた本当に美味しい「干し芋」販売店

清水ぶどう園干し芋工房

上の有名な2店舗に買いに行った後に行ってみたこちらのお店がホームランで、今年合計5回買いに行ってみましたが、いずれも柔らかくて甘味十分の美味しい干し芋でしたので、ここならオススメしても間違いないということで今回ご紹介させて頂くことにしました。

名前の通り、ぶどうをメインで栽培&販売している農家さんのようですが、干し芋農家も兼業されているようで、店内には様々な商品が並んでいますが、今の季節は干し芋をメインで販売しているみたいです。

特にオススメなのが「紅はるか」という品種のサツマイモを使って作られる干し芋で、柔らかさの中にも適度な芯のような硬さも感じ、本当に上品な蜂蜜のような極上の甘さが口一杯に広がってたまらない美味しさです。

あくまでも個人的な意見ですが、干し芋ってただ柔らかいだけじゃダメなんですよねー。適度な噛み心地の食感もないと。

もちろん甘味も抜群なんだけど、それに加えてこの食感もここの平干しにはちゃんとあって最高に美味しい干し芋だなと感じた次第。

お値段もお手頃で、

清水ぶどう園干し芋工房の平干し干し芋

清水ぶどう園干し芋工房の平干し干し芋

平干しと呼ばれる一般的な平べったく薄い形の干し芋が1kg入って1,800円(税抜き)

清水ぶどう園干し芋工房のせっこう干し芋

清水ぶどう園干し芋工房のせっこう干し芋

せっこうと呼ばれるいわゆる小さな切り落としが1kg入って1,600円で販売されていました。

「せっこう」に関しては本当に小さい切り落としから、結構大きめな切り落としまで千差万別で、食感は「平干し」よりもちょっと硬めで、味は「平干し」と比較すると若干甘みが少ないように感じました。

そんなわけで「せっこう」も美味しかったのですが、やっぱりオススメは「平干し」で。

後は1本丸々干された「丸干し」ってのもあるのですが、私はあまり好きじゃないので食べていません。

ちなみにAmazonで同じ茨城県産だと、700gでこのくらいの値段で販売されているようです。

「清水ぶどう園干し芋工房」では箱入りとかも売られていましたが、お手頃価格の干し芋は写真のような簡易なビニールに入っているので、2、3日で食べ切らないと乾燥して硬くなってきてしまいますけど、本当に美味しいので多分直ぐに食べてしまって無くなりますからご安心を。

どうしても食べ切れない場合は冷凍しちゃうと良いとレジの人が教えてくれました。

清水ぶどう園干し芋工房の干し芋オススメ!

そろそろ時期的に終わりなのに今頃の情報だったかもですが、やっぱ何回も足を運んで実際に食して、常に美味しくなければオススメするのは難しいので今頃になってしまいました。

しかも今地図を埋め込むためにグーグルマップで「干し芋」で検索してみたら、このお店がトップでヒットしてきちゃいましたから、情報としてもどうなのかとさえ思ってしまいましたけど、まぁ実際に何回も買って食べての情報ですのでご理解を。

って言うか、グーグルマップの評価だと意外と低めで3.6点なのね。

「接客悪かった」って1点付けてる人いますが、私が行った5回のうち3回は同じおじさんで、1回は可愛い女の子、もう1回は別のおじさんでしたが、皆感じが良かったですけどね。

ちなみに茨城県民って特に田舎のおっさんとかは訛りもあってか、県外の方々からすると喧嘩腰のような喋り方に聞こえたりするとか言われたりするみたい。

干し芋の通販 ほしいも株式会社|平干し芋、丸干し芋などの産地直送販売です
干し芋を本場茨城から産地直送。栽培からパッケージまで責任を持って仕上げています。とても甘くて柔らかい干し芋を是非ご賞味ください!お客様に美味しいと喜んでいただける「干し芋」をお届けします。ぶどうも20品種以上を栽培し販売しております。

「清水ぶどう園干し芋工房」は公式サイトでネット通販も行っているようで、値段も店舗売りと変わらないみたい。

店舗で買った場合はサツマイモのサービスをしてくれましたけど、通販だとそれはないのかな?

とにかく今年5回買いに行ってハズレ無しでしたので、もし美味しい干し芋を探しているのなら是非一度ご賞味あれ。

あ、ただ通販の場合は作り立てで店頭に並ぶ干し芋よりかは多少味が落ちたりはする可能性はあるのかもですね。

やっぱり作り立ての本当に美味しい干し芋に関しては、地元の人間だけが楽しめる特権なのかも知れません。

コメント