タムロンのソニーE用28-75mmをレビュー中

ハードオフのアプリ「オファー買取り」が微妙だった話

ジェットダイスケさんやカズチャンネルのカズさんと言ったUUUM所属の有名YouTuberさんがアップしている提供動画を観て知ったハードオフのスマホアプリ。

ハードオフのプロが査定

ハードオフのプロが査定

アプリ内に「オファー買い取り」という項目があり、ここを押すだけで家にいながら簡単にハードオフの各店舗に文字通り買い取りをオファーが出来るというなかなか画期的なシステム。

私は普段はヤフオクをメインで、あとはメルカリ、ラクマといったフリマアプリも利用して不用品を処分したり中古購入したりしていますが、最近はマナーが悪いユーザーも増えているので、ハードオフのような企業に買い取ってもらえるなら無用なトラブルも回避できて実に好ましいので実際に使ってみてチェックしてみることにしました。

ちなみに、ハードオフというよりもこの手のリサイクルショップってビックリするほど安価で買い取るってイメージしかありませんでしたが、動画内のカズさんの状態の酷い型落ちGoProがかなり良い値段で買取オファーが来ていたのをチェック済みなので、期待を胸にオファーしてみています。

スポンサーリンク

オファー買い取りの使い方

  1. ハードオフのアプリをインストール
  2. オファー買い取りを起動
  3. 自宅の郵便番号を入力
  4. 出品したい商品をカテゴリー選択
  5. 写真撮影
  6. 簡単な情報入力

こんな感じでヤフオクやフリマアプリ等で出品するのと同じような形なので、オファーするのは非常に簡単です。

ガンガンオファーがきた

ガンガンオファーがきた

あとはハードオフ各店の査定のプロが「この値段でなら買い取っても良いですよ」という値段を送ってくれるのでそれを待つのみ。

このアプリとりあえず実際に買い取ってもらう段階になるまで個人情報の入力が必要がないのはマルですね。

また、オファー買い取り利用に際し、アカウントを取得してログインする必要性もありませんでした。

実際に買取をお願いする際は、送料や手数料も引かれないようだし、ハードオフに送る手間も宅配業者が取りに来てくれる形だから非常に簡単のようです。

オファー買い取りをお願いした品物

  • GoPro Hero7 Black:最初は楽しかった「TimeWarp」に飽きてしまって、今後も使いそうもない。
  • COZMO:完全に飽きてしまった。
  • PS4版レッドデッドリデンプション2:前作と比較して個人的に面白くない。一度売ってマルチの出来次第で買い直す予定。

もちろん冷やかし半分で利用してみたわけじゃなくガチで利用していますので、良い値でオファーが来ればそのまま売るつもり。

その他「クロムハーツ」や「ジョンロブ」等の最近興味がすっかり失せてしまったファッションアイテム類も出品してみようかとも思いましたが、とりあえずこの3つの結果次第でということに。

私はレビューするために商品を購入しているわけではなく、欲しくて購入したものをレビューしているだけなので、ここ最近またハマって買いまくっているカメラ関係もレンズを含めて使いきれないくらい所有したままなので、こっちも可能ならって感じ。

オファーを待ってみた結果

ハードオフから届いた買取オファー

ハードオフから届いた買取オファー

とりあえずお昼に出品してから6時間くらい経過した時点での査定金額のオファーはこんな感じでした。

未使用品に近いくらい使用感の少ない付属品も全て揃っている「GoPro Hero7 Black」が25,000円って…。

しかも、一番安いショップは15,000円とか言ってきてるし。

この出たばっかで一番高い最新のGoProですよ?

査定のプロが丁寧に査定し、あなたにオファー

ってマジか…。

ちなみにヤフオクでの相場(「落札相場を調べる」で調査)は新品未使用で48,000円くらい。

開封品でもほぼ未使用に近ければ40,000円以上の値はついています。

メルカリやフリルでもこのくらい。

もちろんヤフオクやメルカリは手数料引かれますけど、私はジャパンネット銀行でヤフーウォレットを利用しているので、落札されると2%ポイント還元されるから、落札価格の6.64%だけ手数料が引かれる形。

フリルなら手数料は3.5%で済む。

あ、ただGoProは全体が写った写真1枚しか送らなかったので、もしかするとそれが査定額に響いている可能性はあるかも知れません。

とは言っても出たばっかの最新機種のGoProで「美品」「付属品全部揃っている」と言ってるし、写真上で「7」の数字もちゃんと見えるのに最安で15,000円の査定額はないだろとは。

レッドデッドリデンプション2も同様でヤフオクやフリマアプリでは7,000円以上の値がついているのに、最高値で4,900円

仮にメルカリで処分したとしても、送料負担はクリックポスト使えば安く済むし、メルカリ便の匿名発送を利用したとしても手数料引いて6,000円くらいにはなるかなって感じ。

まぁでも色々と手間を考えたらレッドデッドの方はこのままハードオフで売っても悪くはないのかなとは。

なお、COZMOにいたっては写真の通りオファーは1件もありませんでした。

もちろん個人間取引で、直接買い手に売る形のヤフオクやフリマアプリと比較して査定価格が同等になるとは思ってません

ハードオフの場合は買い取った後に値付けして売れた差額が利益になるわけで、個人間で直接取り引きするヤフオクやフリマアプリと同じ値段で買い取れるわけはない。

ただ、GoProなんかに関して言えばさすがにこの価格差だと厳しいなってのが偽らざる本音。

だいぶ話が違うのだが・・・

レビュー後の商品売る事にしました。

それにしても

  • 付属品無し
  • ボディにマジックで数字書いてる
  • 蓋がなかったり全て使い込んだ型落ちGoPro

何でこれにオファーが殺到するのに、俺の未使用品に近くて付属品も全て揃っている「GoPro Hero7 Black」にオファーが4件しか来ない上に買取価格が25,000円なんだろうか…。

ボディにマジックで6とか書いてる型落ちのGoPro6が24,500円ですよ?

全然納得いかねー。

実際に利用してみた感想

「モノによっては使えないこともない」

って感じかな。

ただし「実際の査定額は商品を見て上下する」とか書かれているので、実際は更に査定価格を下げられそうな気はします。

実物を見て査定額が上下するのは当たり前の話なんだけど「話が違うじゃん」ってなるケースがありそう。

もちろんこれはあくまでも可能性の話だけど。

そんなわけで私は今後一切使うことはないかな。

個人間取引ではなく、企業が仲介する形になる安心感を差し引いてもこのオファー価格だとやっぱ厳しいわ。

一応明日は土曜日なので、もしかすると更に高値のオファーがあるかも知れないから明日まで待ってみることにはしてみますが…。

その結果はまた明日。

丸一日経過後のオファー金額

丸一日経過後もオファー額は変わらず

丸一日経過後もオファー額は変わらず

オファー件数は多少増えたものの、最高値のオファー金額は結局全く変わらず。

COZMOはやはり1件もオファーがありませんでした。

オファーをお願いした最初の数時間に一気にオファーが来て、後は殆ど来ることが無かった。

「レッドデッド2」も「GoPro Hero7 Black」も発売間もない超人気商品で、ヤフオクでもフリマアプリでも引く手数多だってのに、この数のオファー件数は寂しい限り。

とりあえず商品は出品を取り下げて削除しました

あ、そうそう、上でも書きましたけど、写真をもっと何枚も撮影して送ればまた違った可能性はあるかもです。

まぁでも買取上限は全国共通で確実に決まってそうですけどね。

コメント