SAMDi(サムディ)Apple Wireless Keyboardキーボードスタンドは評判通り

最高にお気に入りのiMacで唯一気に入らないのがキーボードの打ちにくさ。

配列やキーストローク云々以前の問題としてキーボード自体が薄くて低くて手が疲れるのが難点。見た目的にはこの低いフォルムがスタイリッシュなんだろうけど、とにかく打ちにくい。

iMac 5Kのキーボードを乗せている台

今まではこんな花台に置いて使っていたのですが、この花台が微妙に反っちゃったようで、キーボードを打つ度ガタガタ鳴ってしまうため、Macのキーボード専用に設計された一体化することで高さを上げることが出来るキーボードスタンドを見つけて購入してみました。

スポンサーリンク

SAMDi(サムディ)キーボードスタンド詳細

SAMDi(サムディ)Apple Wireless Keyboardキーボードスタンドのダンボール箱

購入したのはアマゾンで売られていたSAMDi(サムディ)という会社のキーボードスタンド。木製で作られているアップル関連のアクセサリーを沢山製造している中国企業みたいです。

っていうかそもそもこのMacのキーボードの高さを上げられる専用設計されたキーボードスタンドが他で売られていないため(単にに見つけられなかっただけかも知れませんが)必然的にこれに決定。

SAMDi(サムディ)キーボードスタンド外観

SAMDi(サムディ)キーボードスタンド外観

このキーボードスタンドは木製で素材は竹。私はレザーやウッドの小物系が大好きなので、写真で見て一目で気に入りました。

箱から取り出すとこんな感じで穴が沢山開いていますが、このスペースにクレカや電池等の小物類を収納できるとの話。この大枠にキーボードを収める形になります。

物自体はとてもしっかりとした作りで、全体的に丸みを帯びたフォルムで面取り等の加工がとても丁寧で好印象。ささくれ立ったところも一切ありません。

中央にSAMDiのロゴ入り。有名ブランドじゃないブランド名の刻印がここまで目立つ場所にしかも大きく入っているのはどうかとも思うけど、シンプルすぎるデザインなのでこのワンポイントは個人的にはあっても良いかもとは。

SAMDi(サムディ)キーボードスタンドの付属品

上の写真に写っている「滑り止め用の3M製品のゴム」が4個滑り止め用として付属しているだけで特に説明書や保証書は入っていませんでした。

SAMDi(サムディ)キーボードスタンドの3Mの滑り止めゴム

こんな感じで裏面の四隅に貼り付ける形。滑り止め以外にもガタつきを防いで安定させる意味合いもあります。

とここまでは良かったのですが...。

SAMDi(サムディ)キーボードスタンドの駄目な所

キーボードが入らない

SAMDi(サムディ)キーボードスタンドにキーボードが入らない

キーボード入らねー...

SAMDi(サムディ)キーボードスタンドにキーボードが入らない

キーボード入らねー...

SAMDi(サムディ)キーボードスタンドにキーボードが入らない

早速キーボードをはめてと思ったら何とキーボード入りません。ほんの数ミリ単位ではあるものの、スタンドの枠の方が小さくキーボードがはまらない。

写真のように上から垂直に入れようとしても両サイドが当たって入らないし、

片側を先に入れてから強引に反対側を入れようとしても入らない。

キーボードスタンドなのにキーボードが入らないって製品としては完全に失格。駄目だこりゃ。

殆ど使う機会がないブラックアンドデッカーのサンダー

でも交換してもらうのも面倒だし、幸いうちには以前記事にした殆ど使う機会がないブラックアンドデッカーのサンダーがあるので、仕方がないからこれで削ってみることに。

とりあえずこの片側の部分をサンダーで少し削ってやったらキツキツでギリギリではあるもののキーボードが無事におさまりました。

無事に装着できるとこんな感じ。本当にぴったりでキツキツです。

サンダーで削った時に角をちょっとこすってしまって早くも傷物に。

スタイリッシュで気に入ったけど

物自体は素晴らしいですし、実際Macのキーボードの高さが上がって打ちやすくもなりました(個人的にはもう少し高いとよりベターだったが)。

ですが、ユーザー側で削って調整しないとキーボードが入らないのには閉口。これが逆で緩々だったら調整のしようがないから即交換だったかな。

実際購入前にアマゾンのレビューで多くの方が指摘していたのは読んでいて分かってはいたものの、自分の所に届いた個体もまさにレビュー通りの物が届いたと。

買って良かった

でも、

  • 代わりになる商品が多分無い
  • 作りがシッカリしている
  • キーボードが打ちやすくなる
  • 安い

と私的にはメリットの方が勝ったので、購入して良かったかな。

SAMDi(サムディ)Apple Wireless Keyboardキーボードスタンドは評判通り
竹の質感が見た目的にもオシャレだし、作り自体はシッカリしていて長持ちしそうだし、何しろ2,000円ちょっとで買えて装着すればMacのクソ使いにくかったキーボードが遥かにマシになりましたので。

調整するためのサンダーもしくは紙ヤスリは必要になると考えておいた方が良いと思いますが(逆に緩かったら調整のしようがないから返品交換で)Macのキーボードが薄くて低くて打っていると疲れてしまう方には是非オススメ。

ちなみに写真に写っているマウスパッドもウッド製(マホガニー)で以前記事にした物を使っています。

サイズが合うかの注意は必要

ちなみに私のiMacはLate2014の物で、キーボードはワイヤレスタイプ。製品説明に「Apple Wireless Keyboard対応」とあるように、この製品はあくまでもApple Wireless Keyboard用のスタンドになります。

また、現行のMacのワイヤレスキーボードは右下の矢印キーの配列が変わってしまっているようなので、もしかしたらサイズに変更があってこのSAMDiのキーボードスタンドがぴったりハマらない可能性があるかも知れません。その点だけはご注意を。

3Mのしっかりつくクッションゴムを付けてみた

3Mのしっかりつくクッションゴム

もう少し高さが欲しかったので、3M しっかりつくクッションゴム 12.7x3.6mm 台形 16粒を購入して裏面に貼り付けてみました。

3Mのしっかりつくクッションゴムを付けてみた

低すぎると貼り付ける意味がないし、あまり高いと不安定になるし、で色々と悩んだ末、一番高い5.1mmを止めて3.6mmを購入しましたが、届いたゴムは予想したよりも高さがあり、結果的に良い選択だった形。

四隅に貼ると安定性もバッチリで高さも上がり、キーボードが更に打ちやすく素晴らしく良い感じに。

それにしても世の中便利な物があるもんですね。このクッションゴムは他にも滑りやすくて動いて困っていたAnkerのUSBハブとか木の小物入れとかに貼り付けました。

粘着力が非常に強いので、剥がしたい時に綺麗に剥がせるのか?の不安はありますが、とても気に入ってしまい、あちこち貼り付けたい衝動に駆られてしまいました(^_^;)

ちなみに「台形」を頼んだはずなのに、届いたゴムは丸型。写真のように横から見ると台形に見えなくもないから、これで台形ってことなのだろうか?

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)