かなり期待外れだったマイネル(MEINL)のミニカホンのレビュー

かなり残念だったマイネル(MEINL)のミニカホン

カホンという打楽器を生まれて初めて購入してみました。有名YouTuberの瀬戸弘司さんも動画紹介しているみたい。

いわゆる「パーカッション」で、リズム良く叩いて楽しむ打楽器。家にいる時は音楽を鳴らしている事が多いので、暇な時に音楽に合わせて叩くと楽しいかなと思って買ってみました。

私の楽器歴は子供の頃にエレクトーン、高校時代からギター、ベースと人並み以上に楽しんできたつもり。リズム感もそれなりかなとは。

スポンサーリンク

アマゾンでわざわざ高いブビンガ頼んだのだが

購入したのはマイネル ミニカホン Bubinga Burl SCAJ1NT-BUで、数種類ある中でも少し高めのカホン。

材質が「ブビンガ」って書いてあるし、アマゾンのサンプル写真の木目も綺麗だったからわざわざこれを選んで注文したんだけど、届いた物は写真通りで木目がいまいち。

写真は綺麗に見えるようなライティングで写しているものの、実物はちょっと暗い場所で見ると、真ん中に黒い縦筋が1本浮かんで見えるだけで綺麗じゃない。

ミニカホンの作り雑すぎ

貼り合わせが雑

マイネルのミニカホンはEU製

箱には「Made in EU」と書かれていますが、

ミニカホンの貼り合わせが雑すぎ

中央部分にボンド?が塗られていないので若干浮いてて隙間ができている所がありました。

ねじ打ちが雑

ミニカホンのネジ打ちが雑

ねじ打ちの際に失敗したのか周りの木が剥がれているのが2か所。ネジ山がかなり酷く潰れている(ドライバーで簡単に回せないくらい)のを1か所確認。

もちろん全てのマイネルのミニカホンの品質がこんなじゃないのかも知れないけど、ぶっちゃけ「B品かよ?」って言いたくなるレベル。

音はまあまあ

音がショボいマイネルのミニカホン

カホンには叩く板の裏側に「スナッピー」と呼ばれるスネアドラムについているような針金状の物がついているので、これがある事で叩くと箱状で小さめの穴から独特の響きが鳴るらしい。

音に関しては強めに叩けばそれなりの音量と良い音はなりますが、やっぱりそこはミニなので期待していたような音ではありませんでした。軽い音で薄いベニヤ板を叩いているみたいな感じ。大きいの買えばもっと腹に響くような?良い音鳴るのかな?

インテリアとして

見た目は可愛らしいので、部屋のインテリアとしてもまずまずかなと。それだけに木目が余計に残念でしたが。

今回購入したマイネルのミニカホンの全体的な感想を一言に集約するなら「値段相応」って言葉に尽きます。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)