タムロンのソニーE用28-75mmをレビュー中

革マニアも納得!栃木レザー使用のSLOW(スロウ)ボディバッグが秀逸

SLOW(スロウ)ボディバッグ

SLOW(スロウ)ボディバッグ

購入から1か月くらい使用しているSLOW(スロウ)のボディバッグです。

日常使いに重宝する絶妙なサイズ感と、栃木レザーを使用した素晴らしい革質、シンプルでファッションの邪魔をしないデザイン性が非常に気に入っているのでご紹介。

スポンサーリンク

SLOWボディバッグの革質

SLOWボディバッグの革質

SLOWボディバッグの革質

栃木レザーを使用している革質はキメがとても細かく、しっとりとしていて手触り抜群!

革はとても柔らかいのですが、保管時に適当に引っ掛けておいても型崩れしない程度の適度なコシがあります。

SLOWではこのレザーを「ルボーノ」と呼んでいるようで「革を薄く仕上げることで軽くなっているのが特徴で、製品後オイルを手で塗りこむことで独特の表情が出ています」とのこと。

タイトルにも書いた通り私はレザーマニアで、

男なら一足持っとけのJohnLobb(ジョンロブ)PHILIPII (フィリップ2)
私が愛してやまないJohnLobb(ジョンロブ)のPHILIPII (フィリップ2)の紹介です。約22万円と非常に高額な革靴ですが、このクラスの靴を履いてしまうと安物の靴は履けなくなります。

靴だとジョンロブ

お気に入りの靴Berluti(ベルルッティ)のUチップ・ノルベジェーゼ
私のお気に入りの一足、Berluti(ベルルッティ)のUチップ・ノルベジェーゼ。履きこんでいるので、へたってはきていますが、まだまだ現役。現在このノルベジェーゼはビスポークのみで40万円近いとかなんとか。写真数枚載せてのご紹介です。

ベルルッティ

日本人が大好きなオールデンのコードバンチャッカブーツ1340
私物のオールデンのチャッカブーツ1340です。ホーウィン社の上質なコードバンレザーを使用した名作。5年位前に買ったのですが、5回くらいしか履いていない。理由は

オールデン等を履きますし、

究極のセレブブランド?ZILLI(ジリー)のクロコダイルカードケースのご紹介
私が所有している究極のセレブブランドと言われるZILLI(ジリー)の貴重なクロコダイル革のカードケースのご紹介です

「ZILLIのクロコはエルメス以上」が本当なのか試してみるためにZILLIを購入したりするくらいですけど、この革質は値段も加味して納得というか大満足です。

ちなみにこのバッグの色は「チョコ」で、他には定番の「ブラック」と明るい茶色の「キャメル」が用意されていました。

SLOWボディバッグのデザイン

SLOW(スロウ)ボディバッグ

SLOW(スロウ)ボディバッグ

極々シンプルなボディバッグのデザインで、数か所使用している真鍮の金属パーツは全てゴールドで統一されています。

SLOWボディバッグの裏地

SLOWボディバッグの裏地

裏地はリネンで鶯色?の絶妙な配色。

メインのファスナー付きポケットにはメインのポケットの他にスマホ等を入れるのに便利な仕切りが。

背中のファスナー付きポケットは薄型なので、私は財布を入れてます。

ファスナー付きだから落とす心配がないのが良い感じ。

こんな感じでデザイン的には本当にシンプルなバッグなので、これを嫌う人はいなさそう。

このデザインが嫌いな人たちは、そもそもボディバッグのデザイン自体が嫌いな人たちでしょうし。

私自身もこのバッグを手にするまではボディバッグってあまり好きではありませんでしたけど。

SLOWボディバッグの縫製やファスナー

このバッグは「メイドインジャパン」で、バッグ創りに40年以上携わってきたプロフェッショナルの職人さんが手作業で作っているとのこと。

実際丁寧に縫われているのが分かるし、素人目に見ても全く問題ない感じなので耐久性は問題なさそう。

SLOWボディバッグのファスナー

SLOWボディバッグのファスナー

2箇所使用しているファスナーはどこのメーカーの物なのかは記載がありませんが、途中で止まってしまって閉まり切らないようなこともなく、最後までピシッと閉まり切ります。

ボディバッグは背負っている間は全くバッグが見えない格好になるため、ファスナーがしっかり閉まらないと荷物が不安になったりしそうだから、ファスナーがしっかり開閉可能か否かは重要なポイントかもですね。

SLOWボディバッグのサイズ感と収納力

サイズは「H13cm W25cm D7.5cm」(公式サイトより)と割と小さめなバッグなのですが、これがなかなかの収納力で、

SLOWボディバッグの収納力

SLOWボディバッグの収納力

  • 富士フイルムのコンデジXF10
  • 小型の超広角レンズ
  • 携帯2台(iPhone 6sとHUAWEI 20P Pro)
  • ワイヤレスイヤホン(充電ケースごと)
  • 財布(WILDSWANSのPALM)

ガッツリ入れるとこんな感じで、これらの写真に写っている全てが入ります。

なお、レンズとコンデジはそれぞれのケースに収納して入れる形で、この荷物の組み合わせはカメラ(α7R III)を肩に下げて写真を撮影しに外出した際に実際に収納して持ち歩いた荷物です。

ちなみにこのバッグはバックパックやショルダーと異なり、背中に斜めった形でぶら下がる変な格好になるので、イメージ的に中の荷物の収まりが悪かったり、歩く度に動いたりしてしまうのかと思っていましたが、実際使ってみたら荷物の多い少ないに関わらず、中の荷物は意外なほど動いたりしませんでした。

スポンサーリンク

SLOWボディバッグのショルダーストラップ

ショルダーストラップは長さを78cm~108cmの間で調整可能

小柄な方から大柄な方まで問題なく背負うことが出来ます。

ストラップ部分のレザーは2枚貼り合わせてある形で厚みがありますが、こっちは硬めのレザーなので、何回かベルトの穴を調整するのに折り曲げただけで上の写真のようにシワシワに…。

強度面も考えるとショルダーストラップはこのような硬い革の方がベストなのでしょうが、もう少ししなやかなレザーの方が良かったのかも。

GUIDIレザーとかも大好きなのでレザーのシワや傷等は全く気にならない私ですけど、新品なのに2、3回折り曲げてサイズ調整しただけでシワシワになったのは流石にちょっとガッカリしました。

まとめ

まさに「お値段以上!」の商品で、とても良い買い物が出来ました。

日常使いに本当に丁度良い大きさだし、革は手触りが良いし、作りはしっかりしているし、デザインはシンプルでどんな服装でも合わせやすいし、と良いこと尽くめのバッグです。

老若男女問わず使えるので、一家に一個買っておいて皆んなで使い回すのもありかも。

手頃なサイズのボディバッグを探していらっしゃる方は是非。

コメント