FiiO「BTR3K」を手放した理由と「BTR5」との比較レビュー

FiiOのBTR3KとBTR5

FiiOのBTR3KとBTR5

FiiOのBluetoothヘッドホンアンプ&Bluetoothレシーバー「BTR5」と、発売日の2020年5月22日に購入した「BTR3K」。

どちらも私の私物で、写真の通り既に「BTR5」を所有しているのですが、新たに発売された「BTR3K」が更に小型軽量で持ち運びに便利な上にBluetoothレシーバーとしての機能が「BTR5」と大差ないことから追加購入してみています。

比較検討して必要のない方は弟にでもあげればいいかなと。

そんなわけで今回は「BTR3K」のレビューに加え、「BTR5」との比較検証も行ってみました。

なお、USB DAC機能も備える両機種ですが、

自室にはONKYOのCR-N765が設置してあり、私はPC(Macですが)で音楽は聴かないのでUSB DAC機能に関してはレビューしていません。

USB DAC機能に関しては、5と3とではスペック的にかなり差があるため、この機能も利用したいのであれば断然「BTR5」の方をおすすめします。

スポンサーリンク

FiiO「BTR3K」付属品

FiiO「BTR3K」付属品

FiiO「BTR3K」付属品

  • 本体
  • マニュアル
  • USBタイプCケーブル
  • 携行用バッククリップ
  • ストラップ

BTR5と付属品はほぼ一緒でしたが、BTR5には付属しなかったストラップ(といっても安っぽい紐ですが)が付属してきました。

これを使うと首掛けとか出来るみたいですが、個人的にはクリップがあるから使わないかな。

「BTR3K」と「BTR5」との比較

サイズ比較

「BTR3K」と「BTR5」とのサイズ比較

「BTR3K」と「BTR5」とのサイズ比較

  • BTR3K:外形寸法 58 x 25 x 11 mm・重量 23.5g
  • BTR5:外形寸法:72 x 32 x 11.1 mm・重量 43.7g

実際に並べてみると結構大きさに違いがあるのが分かります。

特に重量はBTR5の約半分で、付属のバッククリップ装着時で薄手のTシャツの首回りなんかに挟んでもよれたりしない程度の重さに仕上がっています。

まぁ実際はズボンのポケットやウエスト部分、ベルトループなんかに取り付けて持ち運ぶことが多いので、BTR5くらいの重量と大きさでも特に問題はありませんけども。

BTR5でも十分軽いし。

とはいえ、

  1. BTR3K本体(レシーバー)
  2. スマホやDAP等(トランスミッター)
  3. 有線イヤホン

必ずこの3つセットで持ち歩く必要性を考えると、少しでも小型軽量の方が有難いのは確か。

サイドの物理ボタンは3と5とではマイクの位置が異なるくらいでどちらも操作はしやすいです。

こうやって横から見ても大きさの違いは一目瞭然ですね。

スポンサーリンク

音質比較

比較に使用した私の環境は

  • スマホ:HUAWEI P20 Pro
  • 音源:Amazon Music HD(最大24bit / 192kHz)、mora qualitas(最大24bit / 96kHz)
  • コーデック:LDAC(660kbps:標準モード)
  • イヤホン:JVCのHA-FD01、DenonのAH-C820、intimeの碧Light 2019Edition(以上、有線イヤホンでアンバランス接続)、Astell&KernのBillie Jean(以上、有線イヤホンで2.5mmバランス接続)

こんな感じ。

私はAmazon Music HDをメイン音楽アプリとして利用しているのですが、BTR3KやBTR5とスマホをBluetooth接続することで

スマホ本体の端末の性能【24bit / 48kHz】が【24bit / 96kHz】まで拡張され、

コーデックにLDACやaptX HDをチョイスすることでUltra HDの音源も高音質で楽しむことが可能になります。

私は洋楽邦楽、新旧、ジャンル問わず何でも聴くので様々な楽曲を時間をかけて同じイヤホンで聴いてみて音質の違いを比較してはみましたが、ぶっちゃけ私の耳ではBTR5とBTR3Kとで音質の良し悪しを聴き分けられない程度の違いにしか感じませんでした。

オーディオクロック等が異なるものの、どちらも同じFiiOというメーカーのBluetoothレシーバーだからか音質の味付けが一緒に聴こえるため、どちらで聴いているのか途中で分からなくなるくらい音質は似通っている印象。

「BTR3K」の方が若干高音がうるさく感じて楽曲によっては耳障りに聴こえる(特にHA-FD01使用時)かな?といった印象を持ちましたが、単にエイジングの問題(トータル50時間は聞いてますが)でもう少し聴き続ければ落ち着くのかも知れません。

とにかく音質面に関しては、どちらも機種も

  • LDACの最高音質までカバー
  • 2.5mmバランス接続端子あり

と、スマホ直で聴くよりも解像度や明瞭度が高いクリアで優れた音質で聴くことが可能(当然楽曲が高音質であることが条件)ですから、どちらをチョイスしても損はないと思います。

ちなみにApple端末の場合はコーデックがAACで再生されてしまうため、このBTRの性能は完全に活かしきれないようです。

iPhoneの場合は同じFiiOならこのようなポタアンを使いましょう。

Bluetoothの接続・電波強度

音質と同じくらい重要なBluetoothの接続・電波強度に関してですが、高音質伝送の音声コーデックであるLDAC、aptX HD共に両機種も問題なく接続可能で、ほぼ遜色ない動作レベルでした。

私が今現在使用しているスマホは「HUAWEI P20 Pro」というBluetoothのバージョンが4.2の二世代前のHUAWEIのフラグシップ機なので、送信機側が4.2で、受信機(BTR)側が5.0ということになるからか、近くに置いておいても

LDACの990kbps (音質設定)は残念ながら両機種共に曲を流すだけで音飛び、音途切れをしてしまって聴くことすらできないものの、660kbps (標準)なら両機種共に問題なく聴くことが可能です。

電波の受信範囲も

同じ室内、隣の部屋、2回にスマホを置いて階段を降りて一階に

程度だったら両機種共に音飛びや音途切れなく聴くことが可能なくらいの電波強度なので、かなり快適に使用可能。

Bluetooth強度の酷すぎるiBasso Audio「DX160 ver.2020」

Bluetooth強度の酷すぎるiBasso Audio「DX160 ver.2020」

特に私は今現在

「DX160 Ver.2020」という評判通りBluetoothの電波強度が酷いDAPを使っていたりもするから、この電波強度は尚更感心してしまいました。

色んな機能を詰め込み過ぎている弊害なのか、こっちは本当に評判通り酷いので。

なお、私は田舎住まいのため混線しやすい人混みでのチェックは出来ていませんが、音飛びしやすい環境でも最悪

データ転送量が低いAACとかにコーデックを落とすことがAndroidスマホなら容易に可能だから問題なさげ。

ってなわけで、BTR3K、BTR5共に音質面、Bluetooth面どちらもほぼ遜色がないため、Bluetoothレシーバー機能のみの使用を考えている場合は「より安価で小型軽量」なBTR3Kで十分なのかなという結論に。

ただし、私は比較検討した結果、BTR5Kを手元に残し、BTR3Kの方は弟にあげてしまいました。

その理由については後述します。

スポンサーリンク

BTR3Kの良かった点

値段の安さ

実売17,000円程度のBTR5と比較すると実売で10,000円のお値段はかなりお買い得に感じました。

上記した通りで私はBluetoothレシーバー目的としてしか使用しませんので、もし私がBTR5を購入した1か月前くらいの時点でBTR3Kが発売されていたら間違いなくBTR3Kの方をチョイスしていたはず。

小型軽量でコンパクトサイズ

  • 外径:58 x 25 x 11 mm
  • 重量 : 23.5g

と所有しているBTR5と比較しても更に小型軽量で持ち運びやすいです。

余談ですが、BTRシリーズはBluetoothレシーバーですから、完全ワイヤレスイヤホンとは接続できません

これ勘違いする人が少なくないのか、公式サイトの「よくあるご質問と回答」にも項目があったので一応念のため記載しておきます。

あくまでも有線イヤホンとの組み合わせじゃなければ使用できませんからお間違い無いよう。

高音質

比較の項目で記述した通り、BTR5とほとんど違いが分からないレベルの高音質で、LDACやaptX HDといった高音質伝送を特徴とした音声コーデックもBTR5と変わらず使えるBTR3K。

これも上記した通りで、Bluetoothレシーバーとしての使用目的であるなら、フラグシップ機のBTR5と比較しても全く遜色のない音質でした。

BTR3K – Fiio Japan

BTR5とBTR3Kの詳細なスペック比較表はFiiOの公式サイトの最下部に詳細が記載してありますのでご興味ある方は。

専用アプリ「FiiO Control」が優秀

イコライザー機能も備えるデザインもシンプルで使いやすい専用アプリ「FiiO Control」がなかなか良い感じです。

BTR3K本体の質感

BTR5同様に表面にガラスコーティングが施されているため、コンパクトな端末ながら高級感があります。

ここら辺エントリーモデルでも全く手抜きしていないで作り上げた点に好感を持ちました。

Bluetooth接続の安定性

通常のBluetooth機器と何ら変わらず、最初に1度ペアリングしてやりさえすれば後は電源オンで必ず見つかって自動接続されます。

接続時間も速く、稀に見つからないとか、再度ペアリング作業をしなければならないといった動作が不安定なことはBTR5同様に一度もありません。

また、接続の安定性等に関しても比較の項目で書いた通りで、Bluetoothバージョン4.2と古めの私のアンドロイドスマホでも全く問題ありませんでした。

60段階で変更可能な独立した音量調整機能

Androidスマホの音量調整は15段階と雑なのですが、BTR3K(BTR5も同じ)と接続することでBTR3K独自の60段階の音量調整機能が使えるようになるので、より音量を細かく調整することが可能となります。

Androidスマホもアプリをインストールすれば細かく音量調整は可能になりますけど、BTRを接続すればアプリを入れる必要はありません。

余談ですが、同じくAndroidベースだからか、ウォークマン「NW-A105」もBluetoothイヤホン使用時は音量調整が15段階のみとなってしまいます。

そこで「ExtraVolumeConfig」という音量調整アプリを入れてみたところ、完全ワイヤレスイヤホン使用時でも細かく音量調節が出来るようになったものの、電源をオフにした後、再度使用しようとしたら何故か音量調節の物理ボタンが全く効かなくなってしまい、結局ウォークマンを初期化する羽目になりました。

スポンサーリンク

BTR3Kのいまいちだった点

微妙にグラつくバッククリップ

これは私の個体の問題かも知れませんが、この携帯用のバッククリップを本体に取り付けた際に、本体との間に微妙な隙間が出来てしまって、軽く振るとカタカタ音がしてしまいます。

BTR5の方は完璧にフィットしていてこのようなことが無いので余計に気になってしまいました。

動作中に常時点滅しているFiiOの文字

FiiOの文字に点灯するライトが動作中に1秒間隔くらいで常時点滅していて鬱陶しいです。

これに関してはFiiO Musicアプリの設定から「RGB indicator」→「RGBライトをオン・オフ」でライト表示をオフにすることは可能なのですが、オフにしてしまうと今度は一切ライトが点灯しなくなるため、これはこれで不便になります。

また、何が原因かは不明ですけど、ライトをオフに設定しているにも関わらず、何故か動作中にまたライトの点滅が始まることがあります。

FiiOの文字が白じゃなくて薄紫

LDACで接続している際に白のライトで点滅するはずのFiiOの文字が

どう見ても薄紫にしか見えません。

まぁ大したことじゃないですが、ちょっと気になりました。

度々「端末性能」が下がる

Amazon Music HDで容易に確認可能な「端末の性能」が【24bit / 96kHz】から【24bit / 48kHz】に戻ってしまうことが度々起こりました。

これは表示だけじゃなくて実際に音質も劣化するのが分かるため、単純に端末の性能が下がってしまうみたい。

アプリを再起動したり、Bluetooth接続をオフにした後再度オンにしたりすると元に戻るのですが、BTR5では全く無かった症状だけに気になりました。

後日BTR5でもこの症状を確認したため、BTR3K特有の問題ではないようです。スマホで試聴した場合に限って「1曲を30秒間しか聴くことができない」バグが発生しているので、単にAmazon Music HDの問題かも知れません。お詫びして訂正します。
スポンサーリンク

ホワイトノイズ?ヒスノイズ?

サーっと聴こえるだけじゃなく、ブチっというノイズも度々入ってくるようなヒスノイズのようなノイズ音で、何という名前のノイズ音なのかはオーディオに関する知識があまりないので断定できないものの、2.5mmのバランスケーブルで接続するとこのような耳障りな音が聴こえて気になって仕方がありませんでした。

  • スマホ:HUAWEI P20 Pro
  • イヤホン:Astell&KernのBillie Jean Purple(有線イヤホンで2.5mmバランス接続)
  • 音楽アプリ:Amazon Music HD、mora qualitas

試聴はこの構成で、深夜の静かな時間帯で辻井伸行さんのショパンのエチュードのようなピアノオンリーでノイズが聴こえやすい楽曲だとノイズが気になって試聴に耐えられないレベル。

楽曲をBTR5やDAPのウォークマンNW-A105、DX160 ver.2020でチェックすると全く無音(当たり前だけど)でしたから、購入したeイヤホンさんに初期不良対応をお願いして新品交換してもらったものの、交換品も全く同じだったので、これも単に私のスマホとの相性が悪くて聴こえるだけなのかも知れません。

もっとも私のスマホはFiiOと同じ中国企業のHUAWEI製品なんですけどねー。

以上のいくつかの不安定な動作は私のスマホとの相性によるものかも知れませんし、最近配信された最新のファームウェアのアップデートで修正可能なのかも知れません。

Mac版有料のファームウェアアップデート

BTR3K サポートページ – Fiio Japan

最新のファームウェアアップデートの配信が来たものの、何とWindows版のみでMac版がありません。

アップデートの際に必要となるアップグレードツールがWindows版しか用意されていないからで、Macしかない環境の人は有償アップデートになるそう。

私はWindowsは現在5、6年前の動作不安定なマシンと壊れてしまったlenovoタブレットしかないので有償でお願いする形しかなく、上記したいくつかの問題(特にノイズ)がこのアップデートで解消されるかも?と思いましたけど、これでもう面倒臭くなってしまって弟にあげることに。

Windowsマシンを持ってる友人にでもちょっとアップデートしてもらったり、マシンを借りたりってことも出来なくはないけど、私の周りはMacやiPadオンリーばかりで、Windowsマシンを持っていない人がほとんどだし、しかもこのご時世ちょっと頼みづらいってことも。

そもそも何でMacユーザーがハブられなきゃいけないのか意味が分からず・・・。

ちなみにアップデート可能なWindowsユーザーも「アップデートで失敗で故障した場合は修理費は有償になるので、作業に不安があるならアップデートしない考え方もあります

みたいなことも書かれていますのでアップデートする際は慎重に。

BTR5の方をチョイスすることに

書いた通り、Bluetoothレシーバーとしての能力はほとんど違いが分からない程度で、音質やBluetoothの接続強度等で違いが見られないレベルに感じました。

これで小型軽量な上に価格も5,000円程度安いのですから、コスパは相当なもので、USB DAC機能を使用しないのであればBTR3Kの方をオススメします。

とはいえ、私の環境だとどうしてもBTR3Kのみノイズ音が聴こえてしまうのと、動作不安定な点を修正できるかと心待ちにしていた最新ファームウェアがMac環境だとアップデート出来ないことを知り、私の場合はBTR5の方だけ残すことにしました

BTR3Kの購入を検討中の方に対しては、今は在庫品が捌けるのを待って、今後最新のファームウェアが適用された製品が市場に出回るのを待ってから購入された方が良いのかもと。

書いた通りでMac環境のみの場合は最新ファームウェアは有償アップデートになるし、Windows環境があっても万一アップデート失敗した場合は有償修理になってしまうし・・・。

やはり使用スマホとの相性等があるから一概には言えず確証は持てないものの、私が使ってみた限りでは、BTR3Kは書いた通りで動作が不安定な部分があるんじゃないかと考えています。

だからこそこの早い段階でファームウェアのアップデートが来ているのでしょうが。

少なくても私には間違いなくノイズ音が聴こえるし、端末の性能が度々下がってしまう現象も確認しています。

そんなわけで今現在は弟のものとして活躍中のBTR3K。

ちなみに、弟は「iPhone 11 Pro Max」と「Huawei P30 Pro」を使用中(仕事用とプライベート用だそう)で、BTR3Kはファームウェアのアップデート後にP30 Proで使ってみている限りはノイズ音や動作が不安定なことは今のところ無いとの報告でした。

なお、アップデート前の動作チェックをお願いし忘れてしまい、私が感じたノイズ等の件に関しては聞くことが出来ませんでした。

コメント