使いづらい富士フイルムX-T20にJJCのソフトレリーズボタンを装着してみた

今現在ソニー機メインでカメラを愛用しており、ただでさえ使い切れない数のカメラを所有している私なのですが、「隣の芝生が青く見えすぎ」て、またしてもカメラに手を出してしまいました。

使いづらい富士フイルムX-T20

隣の芝生というのは富士フイルムのことで、購入したカメラはこのX-T20。

購入したのは8月半ばで、ヤフーショッピングのマップカメラでX-T20レンズキットを108,910円で購入。

そこからヤフーポイントを4,850ポイント所有していたのを全部使用して104,060円に、購入時にヤフーポイントが10,445ポイント付与されるから(その場ではなく期間固定で後から)実質93,615円で購入できた計算。

X-T20に付いてきたキットレンズは新品実売53,000円くらいのXF18-55mm F2.8-4 R LM OISですから、カメラ本体は4万円程度で入手できた形。

もっともXF18-55mm F2.8-4 R LM OISは未使用新品状態で売りに出しても3万5000円くらいでしか捌けない(ヤフオクやメルカリ調べ)ようなので、実際はカメラ本体価格は6万円くらいになる計算かな。

それでも最新式でフジ最高画質のカメラがこの値段で手に入るのですから、十分お買い得に感じました。

ちなみにレンズは写真の通りで、単焦点のXF35mmF2 R WR追加で購入しています。

スポンサーリンク

X-T2を選ばなかった理由

  • ローパスフィルターレスでAPS-Cカメラ最高レベルの描写性能
  • 世界的にも評価が高いフジ独自のフィルムシュミレーション

個人的には単にこの2つを体験できるだけで良かったので、X-T2よりも小型軽量、安価、タッチ液晶つきのX-T20で十分でした。

コンデジのX100Fでも良かった(むしろ更に小さいコンデジの方が良かった)けど、価格が高く、4K動画が撮れないので却下。

ただ、実際にX-T20を手にしていじってみると、やっぱり高くても素直にX-T2にしておけば良かったと後悔。

購入前に家電量販店でいじってみれば良かっただけなんですけど、私は家電量販店に行っちゃうとアレコレ余計な物まで衝動買いしたくなってしまうから、基本的に実店舗にはなるべく行かんのです。

この間も家電量販店で見ちゃったせいで、LGの有機ELテレビも買ったばかりだし......。

使いづらい富士フイルムのX-T20

それにしてもX-T20は使いづらい。

ちゃんとしたレビューはもっと使い込んでから(まだ購入から約一週間)とは思いますが、簡単にダメ出ししておくと...

X-T20のダメな点

  • 握りづらいグリップ
  • 誤押ししやすいセレクターボタン(十字キー)の右ボタン
  • 位置が悪く、小さく浅くて押しづらいFnボタン
  • 異常に固い露出補正ダイヤル(個体差あり?)
  • 汚れやすいファインダー(アイピースカップからファインダーのガラス面までが浅すぎ)
  • バッテリーと平行に収まり取り出しづらいSDカードスロット
  • タッチ操作時アイセンサーが干渉しやすい液晶モニター
  • 滑りやすい素材で持ち上げにくい液晶モニター
  • ファインダーのぞきながらタッチAF操作ができず(Ver.1.10で実現可能になるそう)

このあたり家電量販店でちょっといじれば分かる部分なので、X-T20を検討中の方は一度実機を触ってみた方が良さげ。

私の場合は愛用しているα6500との比較になってしまうから、尚更ダメな部分が目につきやすかったのもあるのでしょうし、使い続けて慣れてしまえば大した問題じゃない不満点も含んでいますが、カメラの性能や機能以前の問題として、カメラとしてかなり作りが甘いと感じています。

使いづらい最大の理由とも言えるグリップの握りの悪さは純正のボトムレザーケースや金属製のアシストグリップが用意されていて、それらを装着すれば改善はするそう。セレクターボタン(十字キー)が右端に寄りすぎていて誤押ししやすい点も改善するのかな?多分。

ただし、いずれも純正で1万円近くする上、装着すると80、90gくらいの重量が上乗せされてしまい、せっかくの小型軽量ボディを損ないますので、個人的にはどうなんだろうかと...。

しかもX-T20のボディの底面ってちょっと弱々しい感じ(これも触れば分かります)だから、メタル製のMHG-XT10はつけたくない。実際アマゾンのレビューにも「本体に傷がつく」って書いている人もいるし。つけるならレザー製のBLC-XT10かなとは。

と、レビューでもないのに長々とX-T20に対する不満を愚痴ってしまいましたが、グリップの他に少しでも使いやすく出来ないかと考えて購入したのが今回のレリーズボタンです。

JJCソフトレリーズシャッターボタン詳細

JJCソフトレリーズシャッターボタンを購入してみた

購入してみたのはJJCという中国企業のネジ式のソフトレリーズシャッターボタン。

全く馴染みのないこの「JJC」という企業は「品質しっかりで、2009年に中国「深セン市撮影行業創新賞」受賞している企業」だそう。

黒と赤がありましたが、赤だとシャッターボタンの位置の視認性も良くなるし、ワンポイントになってオシャレかなと思ってこちらを選択。

ちなみにこちらは楽天だと税込600円。ただし送料が別途必要(送料は1,500円以上購入で無料)。アマゾンだと送料込み930円。私は楽天ポイントがあったため楽天のショップを利用。アマゾンの箱に入って送られてきたけど、2日で届きました。

なお、楽天のショップだと「凸型と凹型の2種類がセットなっています」と書かれていますが、凹型1個しか入っていません。星1つでレビューしている人がいるのに気が付かないんでしょうかね?

その他アマゾンだとエフフォトというメーカーの物だったり、様々なメーカのボタンが売られています。

購入時に気を付けなければいけない点があるとするなら、X-T20対応もしくはX-T10対応(X-T2もOK?)じゃないと、ネジのサイズが合わない可能性がありますから、対応機種のチェックを必ず行うことでしょうか。

ケーブルレリーズ用の穴が開いているX-T20のシャッターボタン

また、貼り付けタイプのレリーズボタンも様々売られていますが、X-T20のシャッターボタンにはケーブルレリーズを取り付けるための穴があいています(だからネジ式を買ってます)ので、多分剥がれやすくてダメだと思います。

汚れが付着していたシャッターボタン

汚れが付着していたJJCのレリーズボタン

取り出して直ぐの状態を撮影してみたところ、粉状の汚れが付着していました。

レビューなんで一応ありのままをご報告しておくために記述していますが、値段も安いし、拭けば落ちたからそこまで神経質になる話ではないですけども。

JJCレリーズボタンの質感と色合い

約10mmの真鍮製で作られており、塗装も含めて質感は悪くありません。値段を考えても十分買いのクオリティ。

ただ、個人的にはもうちょっと控えめでマットな感じの色合いだと更に良かったかなとは。ちょっとテカテカしすぎているので、ここらへん安っぽく感じてしまう方もいらっしゃるかも。

JJCレリーズボタンの装着感

JJCレリーズボタン付属のゴム製ワッシャー

装着する際は、傷がつかないよう保護の目的や、ネジを緩みにくくする目的のゴム製のリングが付属していますので、これをボタンにつけてからカメラのシャッターボタンの穴にねじ込む形になります。

JJCレリーズボタンの装着感

装着感は文句なしで、緩みも全く感じません。

装着後まだ100回くらいしたシャッターボタンを押していませんが、ネジが緩んで外れてしまうことも全くなく、フィット感もバッチリで素晴らしい!

ただ、こまめにネジの緩みがないかのチェックはした方が良さげ。いつの間にか紛失していたとなるかも知れないので。

押しやすくなったX-T20のシャッターボタン

たった600円の投資でX-T20のシャッターボタンはかなり押しやすくなり大満足!

レリーズボタン追加で押しやすくなったX-T20のシャッターボタン

シャッターボタンが小さく、穴まであいているため押し心地の悪さを感じていましたが、このボタンをつけることで物理的にボタンが大きくなり、シャッターボタンの位置の視認性も良くなり、非常に押しやすくなったと感じています。

また、ちょっとシャッターボタンが固く(押す動作が)半押ししづらかったのも感じていましたが、このレリーズボタンを装着することで半分程度の力で半押しできるような感覚も感じるようになり、半押ししやすくなった気もします。

JJCのレリーズボタン装着後のX-T20

レリーズボタン装着後のX-T20。もともと素晴らしいデザインで気に入っていたX-T20が赤のワンポイントが入ることで更にオシャレに見える(あくまでも個人的な感想ですが)ようになりました。

難を言えばシャッターボタンが上下左右にちょっとグラグラすることくらいでしょうか。っていうか、X-T20のシャッターボタンって、電源ボタンも一緒に付属している形だからか、元からグラつきますけど。

レリーズボタンは純正で付属して欲しい

一般ユーザーはケーブルレリーズを使って撮影する時間は圧倒的に少ない(っていうか入手する人自体多くない)わけだし、この見た目的にも悪い穴を埋めるためのレリーズボタンくらい純正で付属してもバチは当たらない気がしますけどね。個人的には。

富士フイルムとしては穴の開いたシャッターボタンに関してはこれで良しと考えているのだろうか?このようなレリーズボタンで穴を埋めてるXシリーズのユーザー多々見かけるんだけど...。

ソニーとCanon用のカメラ用ワイヤレスリモコン

そういや、X-T20(X-T2とかも?)ってアマゾン純正やNeewer製の300、500円程度で買える激安のワイヤレスリモコンが見当たらないんですよねー。ケーブルレリーズ買わないとダメなのかな?

Wi-Fi対応で、「FUJIFILM Camera Remote」という割と出来が良い純正アプリがあって、スマホがリモコン替わりにはなるので、私はこれ使って代用するつもりですけど。

かなり余談が増えてダラダラとしてしまいましたが、JJCのレリーズボタン結構使えるので、X-T20ユーザー様にオススメしておきます。

あとはやっぱグリップかな...。多少でも重く大きくなるのがなぁーと考えてまだ買えていませんが。色んな意味でケチらずX-T2をチョイスすべきだったみたい。

消え去った

装着して200回くらいシャッター切った程度でしたが、外で撮影していたらいつの間にかどこかに落としてしまって紛失しました。

自分で緩める行為は一度も行っていませんでしたが、シャッター切る動作の度に自然と緩んだのだろうか...。「こまめにチェックした方が」とか書きましたが、本当に頻繁にチェックしておかないとダメだったみたい。

安物とはいえ、さすがにショックでもう買う気しませんので、シャッターの押し心地悪いけどこのまま使うつもり。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)