小型・薄型のポータブル外付けハードディスクTranscendのTS1TSJ25M3は超オススメ

小型・薄型のポータブル外付ハードディスクTranscendのTS1TSJ25M3はオススメ

前回のアイオーデータのHDDの時にちょっと書いたトランセンドのポータブルハードディスクTS1TSJ25M3(1TB)です。1年くらい前に7,000円ちょいで買ってバックアップデータを入れたまま保管していました。今回バックアップ用のHDDが2つになったので、HDC-LA3.0との比較を交えてレビューです。

スポンサーリンク

小型・薄型・軽量

TS1TSJ25M3とHDC-LA3.0とのサイズ比較

最大の特徴としては、やはりこれに尽きますね。「ポータブル」だから当たり前とは言え、HDC-LA3.0とのサイズ差は明らか。

HDC-LA3.0は大きい

HDC-LA3.0のレビューの際に「ちょっと大きい」と書きましたが、TS1TSJ25M3と比較しちゃっているからです。

TS1TSJ25M3とiPadとの薄さ比較

iPadと比較してもこの薄さです。

アダプター不要

HDC-LA3.0の付属品

HDC-LA3.0はアダプターが必要でしたが、

DSC07289

TS1TSJ25M3はケーブル1本を本体に直接もしくはUSBハブに差し込むだけ。電源を取る必要がないのはとても便利。

シリコンカバー付きで耐衝撃性に優れる

ご覧の通りで、シリコンカバーで覆われているので、HDDがむき出しになっておらず衝撃に強いです。「米軍落下試験規格のMIL-STD-810G 516.6に相当するテストを実施して耐衝撃性能を確認しています。三層構造の衝撃保護システム。」とトランセンドの製品情報に書かれています。

もっともHDC-LA3.0は大きい分、アルミカバーで保護されているから、こちらも衝撃には強いでしょうけど。

暗号化のフリーソフト付き

強力な暗号化でセキュリティを強化してくれるトランセンドのフリーソフトが付いていました。ただ私は使っていないのでどの程度便利なソフトなのかは不明。

クイック認識機能

小型・薄型のポータブル外付ハードディスクTranscendのTS1TSJ25M3はオススメ

意外と地味に便利なのがこのボタン(緑のラインの所にあるポッチ)で、右クリックで機器の認識を取り外した後でもこのボタンを押してやれば再度認識してくれます。わざわざケーブルを抜き差して再認識させる必要がありません。

トランセンドの信頼性

トランセンドの信頼性

私自身はこれらのトランセンドのメディアを使用していますが、今まで一度も壊れた事がないので、個人的には信頼しています。

予算があればポータブルHDDが良いけど

ってな感じで、やはり小型は本当に便利です。ケーブルも1本だけだからゴチャゴチャしないのも良い。

ただし、HDC-LA3.0が3TBで10,890円に対し、TS1TSJ25M3は7,380円(共にアマゾン調べ)。しかもHDC-LA4.0(4TB)が選べるのに対し、トランセンドの方はTS2TSJ25M3の2TBまでしか用意されていません。

まぁ「1TBあれば十分」って方には間違いなくこのTS1TSJ25M3をオススメします。

用途に応じて使い分けがベターかな

私は今回このバックアップ用のHDDが2台になったので、サイズも容量も大きいHDC-LA3.0の方を全体的なバックアップ用に使い、TS1TSJ25M3はLightroomのRAWデータを入れておくハードディスクとして使う事にしました。

iMac 5Kのフュージョンドライブの容量は既に1TBを切ってきたから、データ類はHDC-LA3.0にガンガン保存して消去していく必要があるのかも。って事で更にバックアップ用のHDD買う必要ありかな…。

ハードディスクって本当に突然クラッシュしたりするんですよねー。DELLのPC(日立製のHDDでしたが)で1度経験してえらい目にあっているから、万一の不測の事態に備えておかないと不安でしょうがないんです。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)