NURO光に変更する事にしたけど結構イラついた

スポンサーリンク

フレッツ光からNURO光に変更

NURO光ってどうなのよ?

自宅のネットは「フレッツ光+OCN」の組み合わせでしたが、住んでる地区でNURO光が開通したと言うので変更してみました。

これで2年間にauひかり、フレッツ光、NURO光の「3大光回線」を制覇する事に。

フレッツ光→NURO光に変更した理由

OCNの速度に物足りなさを感じる

速い時間帯だと802.11ac接続の無線で100Mbps出たりもするものの、やはり夜間は出ても30Mbps程度。うちは一戸建てですけど、フレッツ光の場合はご近所さんと光回線を共有する人数が多いそうなので、ご近所皆ネットやっているこの地区は皆が一斉に繋ぐ時間帯は遅いのは仕方がないらしい。

それにプロバイダのOCN自体も夜間は遅いと相当あちこちで不満を書かれていたりも。

これと比較してNURO光は2Gbps。物理的に言えばまず確実に早くなる…はず。

フレッツ光高すぎ

NURO光の月額料金

フレッツ光は月額7,000円程度と、auひかりの頃よりかえって高くなっていた。NURO光はIP電話とプロバイダ料金込みでも5,500円くらいなのでかなりお得。ウイルス対策ソフトの「カスペルスキー」も無料で付いてくるらしい。

SONYが好き

α7sにSEL55F18Zを付けたところ

先日購入したデジカメの「α7s+SEL55F18Z」の組み合わせは合計約30万円。このくらいの出費も惜しまないくらい私はSONYが好きです。ですから、ソニーグループのSo-netに入ってあげてもよろしくってよって感じ。

私には申し込まない理由が見当たりません

もともと自分が住んでいる地区でNURO光が開通するのを待っていた事もあり、最初から大森南朋さんがパンフレットで仰っている文言通りの気持ちではありました。

NURO光でイラついた点

営業の電話がイラついた

「お客様の地域でフレッツ光よりも安くて断然速いNURO光が開通しましたので、モデムを送らせて頂きます」こんな感じの営業電話が突然かかってきました(それで住んでる市内でNURO開通を知った)。

申し込む、申し込まないの選択肢無しで有無を言わさず「当然変更しますよね?」的なあまりに失礼な電話だったので、これにはさすがに腹が立ちました。ちなみにこの電話してきた会社は「株式会社キュンティア」って大阪の会社。

工事日2日でイラついた

家の中と外とで2日間の工事になるそうな。理由はSo-netとNTTで別々の作業になるから。どちらも2時間程度みてくれって話。面倒くせー。

工事日遅くてイラついた

最短で1か月先との話。1か月先ってさすがに遅いだろ。まぁ、でもこれはちょっとイラっとくらいのレベルだが。

auひかり>フレッツ光

こんな感じで契約済みだけど、実際NURO光が開通するのは1か月先の話。とりあえずググるとNUROの評価は賛否両論っぽい。開通したら実際使ってみてまたレビューしてみます。

なお、私にとってはフレッツ光よりもauひかりの方が全ての面で圧勝でした。NURO光はどうなる事やら…。ダメだったらauひかりに戻すだけだけど。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)