新型iPadが届いたのでiPad Air2と比較レビューしてみる

代引き手数料合わせて40824円だった新型iPad

4/1、2日着予定だったアップルストアで購入した新型iPadが一足お先の今月30日に届きました。

スポンサーリンク

新型iPadは40,824円

購入したのは最安のWi-Fiモデル32GBで、値段は代引き手数料500円込みで40,824円。37,800円!とiPad史上最安値の価格設定が話題になった今回の新型iPadですが、消費税で3,024円取られ、結局は4万円を越える価格に。

これが「込み込みで39,800円!」のように3万円台でおさまれば更にお値打ち感が出てくるんだろうけど、そこまでの計算はアップルには無いようで...。

ちなみに2年くらい前に購入したiPad Air2は同じく最安モデルでストレージは半分で55,000円くらいで買ってますから、4万円って言うのは私自身は本当に爆安に感じてしまい、思わずポチってしまった次第。

UN3481

iPadのダンボール箱に貼られていたUN3481

iPadが入ったダンボールの裏には変なシールが貼られていましたが、このUN3481はリチウムイオン電池の番号だそう。

ヤマト運輸のADSC支店って?

ヤマト運輸のadsc支店って?

注文したのは25日で、翌日には中国から発送してくれて届いたのが30日。発送から4、5日で届くって形になるでしょうか。

ちなみにヤマト運輸のADSC支店と言うのはApple Ddelivery Support Centerの略で、江東区の有明にある倉庫だそうです。

新型iPad詳細

新型iPadの付属品

新型iPadの付属品

iPadだけで4回も購入&開封していて、どのようなパッケージングかも分かりきっているのに、やっぱりワクワクしてしまうのがアップル製品。

新型iPadの付属品2

  • iPad本体
  • Lightning - USBケーブル
  • USB電源アダプタ

後はいつものリンゴマークのシールや簡易(というかペラ)な説明書。

スペースグレイ

新型iPadはスペースグレイに

既に所有しているiPad Air2がゴールドなので、異なる色のスペースグレイをチョイス。私はこの色は初めて購入しましたが、実物を見ると深みのあるなかなか良い色です。

ゴールドとスペースグレイで異なるベゼル色

新型iPadのゴールドとスペースグレイで異なるベゼル色

写真通りでゴールドとスペースグレイではベゼルの色が異なります。左がスペースグレイで右がゴールド。

液晶サイズ自体は全く一緒なのですが、新型iPadでチョイスしたスペースグレイの方はベゼルが黒だから液晶のサイズが錯覚で大きく見える感じ。

新型iPadはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開で、ベゼルが黒なのはスペースグレイだけ。どちらが良いと感じるかは好みの問題でしょうが、この点も含めて外装の色を選択すると宜しいかと。

新型iPadは充電ゼロで届いた

新型iPadは充電ゼロで届いた

新型iPadは何故か完全に充電が無い(1%も)状態で届きました。これは今まで初めての経験かも。

最近はリチウムイオン電池入りのどの製品を購入しても最初から充電ありの状態(充電の有無の大小はある)で届くのが常だったので少し驚きました。

そもそもリチウムイオン電池ってゼロにしちゃうとバッテリーの劣化を招くとか言われているからあまり宜しく無いような気が...。即出荷しているわけで気にするレベルでは無いでしょうけども。

新型iPadとiPad Air2との比較

新型iPadとAir2の反射防止コーティングの差

新型iPadとiPad Air2との比較その1反射防止コーティングの有無

左が今回購入した新型iPadの液晶の反射具合で右がiPad Air2。もちろん右だけ何か細工したわけではありません。

iPad Air 2の液晶はフルラミネーションコーティングディスプレイで反射防止のコーティングが施されていますが、今回の新型iPadにはこれらの反射防止コーティングがありません

2台並べてみると予想以上にフルラミネーションディスプレイの恩恵を感じられるのが分かりました。

フルラミネーションディスプレイじゃない新型iPadの反射具合

ちなみに私のiPad Air2は既に2年間くらいコキ使っていて、入手当初から液晶には保護シート類を一切貼っていないから経年劣化は普通にあるかと思います。

また、この間記事にした通りで、無水エタノールで拭いたらコーティング効果が弱まったような気がしているからその点も付け加えておきますが、こうやって並べて比較すると反射防止コーティングの効果は予想以上に明らかでちょっと驚きました。

液晶がフルラミネーションコーティングじゃない点は、やはり新型iPadの一番残念な点になるかも知れません。

新型iPadとAir2の液晶パネルの質

共にRetinaディスプレイで画面の映りは抜群に美しく差がありませんが、新型iPadの方は画面を爪で弾くと中が空洞のような安っぽい音がします。

逆にiPad Air2の方は中がしっかり詰まった(ディスプレイが2枚敷いてあるかのような)ような感じ。

この事がタップした際の微妙に感触に影響を与えていて、やはりiPad Air2の方が高級感を感じる印象を持ちます。

ちなみに、うちにある初代のiPad miniも新型iPadと同様なのですが、初代のiPadは逆にiPad Air2と同様で中に何か入っているかのような頑丈な感触だから、フルラミネーションコーティングディスプレイか否かの違いでは無いっぽい。

新型iPadとAir2の厚みの比較

新型iPadとAir2の厚みの比較

厚み自体は並べるとハッキリと分かり、Air2の方が明らかに薄いです。

ただし、新型iPadも十分薄く、こうやってわざわざ並べて比較しない限りは全く気になるレベルではありません。

新型iPadとAir2の厚みの比較

って言うかもうiPad Air2って新規販売終了したから入手不可なんですよねー。何だか寂しいですね。

新型iPadとAir2の速度比較

ざっくりとした比較になってしまいますが、アプリを同時に立ち上げて比較すると明らかに新型iPadの方が立ち上がるのが速いのが分かります。A8からA9にグレードアップして着実に速くなったのが実感できました。

ただし、私のAir2は既に2年間くらい使用していて、設定も含まれるアプリも、ストレージの残量も異なるんで、純粋な比較は出来ていません。

速度比較は分かりやすいから動画にアップしようかとも考えましたが、Air2の方を工場出荷状態に一旦リセットしないと純粋な比較にならないだろうから面倒臭いんでやめました。YouTubeで探せばいくらでも見つかるだろうし。

何れにしてもA8チップのiPad Air 2で十分な速度が出ていて、動画再生なんかもサクサク動いていましたから、A9チップの新型iPadでも余程重い作業(3Dのゲームや動画編集等)でもしない限りはストレスを感じることは一切無いと思います。

新型iPadは買い!

新型iPadは買い!

若干良いだけでほぼ同性能ですから、Air2から買い増す、買い直す必要性は全くありません。

じゃあなんで私が買ったかというと、それはガジェットマニア、タブレットマニアだからです(^_^;) ちょっとした病気のようなもんで、こればかりは仕方がない。

今回のような地味な変更だけになったのは、Air2の時点でタブレットとして完成しちゃっているからでしょう。

とにかくAir2が素晴らしすぎたので、性能的に若干良くなり、価格が抑えられている今回の新型iPadは間違いなく買いです。

iPad Air 2の記事を買いた際も大絶賛しましたが、現時点でコスパも含めて最強のタブレットがこの新型iPadで間違いないと考えています。

Retinaディスプレイは相変わらず美しく、Macのフォントは本当に読みやすく、ネット閲覧もYouTubeやHulu等の動画再生もストレス無く再生出来るし、小さいスマホだとイライラする作業も大画面で気持ち良く作業出来るし...。iPadの有無で生活の質が確実に向上します。

これ以上の性能やペンシルを望むなら素直にiPad Proを買うしか無いですが、PCとスマホの中間のツールとして新型iPadを入手を考えていらっしゃるなら迷う必要は全く無いと思います。

ただ、フルラミネーションコーティングだけは比較してみると予想以上だったので、この点だけはやっぱり残念だったかも。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)