寝心地最高マニフレックスの折り畳みマットレス「メッシュウィング」唯一の弱点

スポンサーリンク

イタリアのマニフレックス社のマットレス「マニフレックス メッシュウィング」

マニフレックスの折り畳みマットレス「メッシュウィング」は最高の寝心地

7年以上マニフレックスのマットレスを使っていたのですが、シーツを掛けずに寝たりしていたもんだから、表面がボロボロになってエライ事になってしまったので今回買い替えです。7年使っても全くへたらなかった材質エリオセルの耐久性と、固めで丁度良い寝心地が気に入っての再購入。

ビニール剥がすと膨らむ不思議

空気が入ってみるみる膨らむマニフレックスのメッシュウィング

ビニールを剥がすと、最初の写真のようなポール上だったのが、

空気が入ったマニフレックスのメッシュウィング

みるみる空気が入って膨らんでマットレス状に。

メッシュウィングは6種類のサイズ有り

メッシュウィングには、セミシングル、シングル、シングルロング、セミダブル、ダブル、クイーンの6種類のサイズがあって、それぞれ縦横のサイズが異なるものの、厚みはいずれも約11cm。私が購入したのはシングルで横幅が97cmと丁度良いサイズ。シングルだと微妙に横幅が小さく、これより大きいのは一人で寝るには不必要なサイズ。今まで使っていたサイズと同じ物をチョイス。

敷き布団は敷かず、シーツを乗せてその上に寝る形。これが本当に気持ち良いんだ。

側地はジッパーで外して洗える

マニフレックスのメッシュウィングの厚みは約11cm

側地(メッシュ状の緑色の部分)はジッパー式になっていて外して洗えます。中の芯材(エリオセル)は洗えません。

メッシュ状なので通気性抜群

マニフレックスのメッシュウィングはメッシュ状なので通気性抜群

表面のメッシュ状の中に細かい汚れが入りそうなのがちょっと嫌ですが、メッシュ状にする事で通気性に優れ、汗や湿気がこもり難い構造になっているそう。芯材のエリオセルも同様に通気性抜群なので、表面は常にサラサラしていて快適です。

マニフレックスは猫が爪とぎする

引っかかる感覚が気に入ったのか、うちで飼っている4匹の中の1匹が爪とぎするようになってしまいました。やる子とやらない子に分かれますけど、猫を飼っている方は要注意かも。

私はシーツをかぶせて爪とぎしないようにしています。

マニフレックスは引きっぱなしNG

マニフレックスマットレス専用のシリカゲル調湿シート

数日間引きっぱなしにしたい場合は、マットレスの下にこの写真のような調湿シートを引く必要があります。これ引かないで夏場数日間引きっぱなしにしたらフローリングがカビました。

私はマニフレックス社から出ていたマニフレックス専用のシリカゲルが入っている調湿シートをひいていますが、今は販売していないようなので、毎日マットレスの上げ下げするのは面倒臭い人は同様のシリカゲル入りのシートを買って下に引くと良いと思います。

ちなみに、このシートは上記した通りでフローリングがカビたのに驚いて慌てて購入したんですけど、かれこれ3年半くらい使っているかな?表面かなり汚れていてお恥ずかしいです。でも、それくらい使い続けていてもまだ湿気取ってくれていて、問題なく使えています。もっともこの折り畳めるメッシュウイングをチョイスする人は引きっぱなしにしたくないからこれチョイスする訳だから除湿シートは必要ないかも知れませんけどね。

折りたためばソファーにも

マニフレックスのメッシュウィングはソファーにも

折りたたむと結構な高さになるので、ソファー代わりにする事も。固めなので、この上に乗っても(私の体重65kg)適度な沈み具合で気持ちが良いです。

折りたためるのは便利

私が今まで使っていたのは、この折りたたみ式ではありませんでした。と言うより、当時はこのメッシュウィングが無かったので買えませんでした。折りたためるのは今回買い替えた理由の一つ。やはり1枚の大きなマットレスは狭い部屋に邪魔臭いんですよね。

ちなみにマットレスは日光浴させちゃダメだそう。私はそれを知らず、ずっとベランダで干していた事も表面がボロボロになってしまった理由の一つのようでした。

折りたたむとカバンのように持ち運べる持ち手

メッシュウィングは折りたたむとカバンのように持ち運べる取っ手付き

折りたたむと移動させる際に便利な取っ手が付いていました。ここを持つと、3つ折りがバラバラにならないようになっており、片手で持ち運ぶ事が出来て便利。これはよく考えられているなと感心。重さはこのシングルサイズで7kgありますが、こうやって持てる事によって重さをあまり感じず持ち運ぶ事ができます。

香ばしい匂いが

嫌な匂いではありませんが、表面からなんだか焼いたパンのような香ばしい匂いがします。

メッシュウィングの寝心地

人それぞれ感じかたが異なるので難しいですが、私自身は今までも7年間使ってきて今回再購入するくらいとにかく気に入っています。固めで寝返り打っても必要以上に凹まないし、しっかり支えられている感じが本当に気持ちが良いです。そして何と言っても全くへたらないので、保証期間の10年以上全く変わらぬ寝心地が続く事も気に入っている点。

香川真司選手や青木宣親選手なんかも愛用しているので、寝心地の良さは折り紙付きだと思いますが、固めなので、固めが嫌いな人は避けた方が良いです。

新旧マニフレックスの寝心地比較

新旧マニフレックスの寝心地比較

汚いのでお見せするのはなんだと思ったのですが、一応こちらが今まで愛用していたマニフレックスです(^_^;)なんだか勿体なくてまだ捨てられていない。表面がボロボロなだけだから、全体を覆えるシーツでも付けちゃえばまだ使えるし…。

で、寝心地の違いはやはり固さ。7年以上使ってきた間に生まれた絶妙な沈み込みがあるのに対し、今回届いたメッシュウィングはいかにも「新品」って感じでまだカッチリしています。比較しちゃうとやっぱり使い慣れた方がベストですけど、メッシュウィングも暫く寝続ければ同じようになるでしょう。

メッシュウィングの唯一の不安な点

メッシュウィングの不安な点

唯一不安と言うか弱点は、やはりこの折りたたみの接合部分でしょうか。上記している通りで、全くへたる事の無い芯材のエリオセルで作られているマットレスだけに、へたって使えなくなる事は10年以上無いでしょうが、毎日折り曲げていると、この部分が先にビリっと逝っちゃいそうな気がします。

個人的にはここだけかな考えられるメッシュウィング弱点は。

マットレスご検討中の方に是非オススメ

マニフレックスのマットレスは10年保証

数十万、数百万のマットレスを買えちゃう方にはもちろんオススメしませんが、たった33,858円(このシングルサイズ)で10年以上変わらぬ寝心地を実現しているこのマットレスは万人にオススメできるんじゃないかと考えています。とにかく形状記憶のように型崩れしないんですよ。このマットレスの材質のエリオセルって素材。10年保証付きが何よりの証拠。

そして何と言ってもシッカリと支えてくれる固めの寝心地ですね。体験できる方は是非体験してもらいたいし、体験できない方は是非ネットで注文してみて下さい。ただし、柔らかめが好きな人は別なの買って下さい。

ちなみに紛らわしく似たような物(一応イタリア製らしい)が安価で販売されているのを確認したのでご注意を。オススメなのは「マニフレックス」です。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)