4,000円も安くなったiPod touch第6世代を買ってみた

4,000円も安くなったからiPod touchを買ってみた

iPhone7が発表された日に最も安い16GBのモデルが4,000円、最も高い128GBが10,000円も安くなったiPod touchの第6世代。

4,000円も一気に値下がりしてしまうとさすがにAppleファン&ガジェット好きの血が騒いでしまい思わずポチりと購入してしまいました。

スポンサーリンク

iPod touchの第6世代概要

美しいピンク色

iPod touchの第6世代概要

今回購入したのは16GBのピンク。さすがApple製品で嫌らしくない非常に美しいピンク色をしています。

購入価格

販売価格上は16GBで20,800円と表示されているものの、あくまでも税抜き価格なので、実際に支払ったのは消費税、代引き手数料500円も含めて23,004円。

カメラとかそこそこ高額な商品を購入する機会が少なくない私としては消費税ってほんと地味に痛い。

付属品

iPod touch第6世代の付属品

ライトニングケーブルとイヤホンが付属しますが、電源アダプタは含まれませんでした。

私はこの手のアップル製品沢山持っているんで、既にアダプターを所有しているから必要ありませんが、別途購入となるとプラス2,200円必要になるから注意が必要。

ライトニングケーブルもイヤホンも相変わらずケーブル類はひ弱な感じ。

イヤホン

iPad air2を購入して以降Apple製品を購入していないので、この形のイヤホンは私は初めて。

耳に入れるとフィット感が悪くて気持ち悪いのですが、ジョギング中も何故か耳から外れたり落ちたりしません。何とも不思議な感覚。

iPod touchの第6世代本体の音質の影響もあるからか音もかなり良い気がします。ただフィット感が悪いから私は普段使っているBeatsのイヤホンに変えました。

芸術品のように美しい本体

iPod touchの第6世代の美しい本体

最初に書きましたが、嫌らしくない何とも形容しがたい美しいピンク色をしています。

本体は非常に軽く、フィット感も抜群。

iPod touchの第6世代の角の処理

もうこういう角の処理とかも溜息出ます。Apple製品全般に言えることだけど、物としてのクオリティが抜群に高いから持つ喜びを味わえるんですよねー。

電源オンで満充電状態だった

iPod touchの第6世代は届いた状態で満充電だった

試しに電源を入れてみると即電源が入り、充電の容量も満充電状態でした。

iPod touchの第6世代が発売されてから数年経過しているし、iPhoneの影響で大した売れてないと思うので、バッテリーの劣化が気になるところでしたが、アプリを使って調べて限りではバッテリーの状態はバッチリ。

設定中にエラーが

iPod touch第6世代の設定中にエラーが

そのまま設定をしていると何故かこの「アクティベーションサーバーにアクセスできない」というエラーが3回も続いて「こりゃサポートに電話か」と思ったやり直し4回目で先に進めました。

16GBでも十分使える

iPod touch第6世代は16GBでも十分楽しめる

確か1passwordだけ入れた状態での使用可能なストレージの容量。

iPod touch第6世代にインストールしたアプリ

この後iOSを10(って言うかもう10で出荷しても良さそうなもんだと思うが)にアップデートして、

  • Amazon Music(29曲ダウンロード)
  • Amazon Video
  • 1Password
  • YouTube
  • Google Maps

等のアプリを入れた状態で使用可能が10.67GBも残っているので、私の使い方なら16GBで十分でした。

ゲームばんばん入れたり、ビデオや写真を撮りまくらない限りは最も安価な16GBモデルでも十分楽しめると思います。

処理速度もA8チップ搭載だから通常アプリやゲーム、ストリーミング動画なんかも余裕でサクサク動きます。

昔のiPod touchとの比較

昔のiPod touchとiPod touch第6世代の比較

iPod touch自体は私はこれで2台目で、右が今まで使っていた物。かなり昔に購入したから第何世代なのか忘れてしまいました。ジョブズが健在だった頃のiPod touchってことは確か。

写真の通りで電源が入り、壊れているわけではないんだけど、バッテリーが終わってて、満充電状態で5分くらいしか使えず。

画面は今時のRetinaとの比較になるからドットは多少目立つものの、並べて比べない限りは殆ど気にならないレベルで綺麗です。

とは言え、処理速度関係はやっぱりもっさりしてるし、iOSももう6.1.6からアップデートできなくなったままだからセキュリティ面が怖くて使っていませんでした。

昔のiPod touchとiPod touch第6世代の比較その2

こうやって比較すると昔の物の方が小型で厚みもほぼ一緒。アルミ剥き出しで傷がつきやすいが、シルバーアクセのように使いこむほどに味が出るのでこれはこれで好きでした。

今のは傷つくと中途半端に汚くなるからシリコン素材のケースを買ってカバーしますけど。

昔のiPod touchとiPod touch第6世代の比較その3

角の処理はこの頃から既に美しい。物としてのクオリティも非常に高く、この頃から外観は殆ど進化できていないとも言えるのかも。

iPod touchの第6世代は買い

私は5SですけどiPhoneを使っているので、iPod touchは不要だと考えていたし、買うつもりはありませんでしたが、4,000円も値段が下がるとね…。Apple&ガジェット好きとしてはこればかりは仕方がないです。

もしかするとiPod touchもこの第6世代で終わりを迎える可能性もあるかも知れないし、記念の意味でも買っておいた方が良いかなとも。

製品としてのクオリティが抜群に高く、アプリ類もストレスフリーでサクサク動く、カメラ類もかなり使えるようになっているiPod touchがこの値段なら買いだと思います。

とはいえ、買ったは良いけどiPhone、iPadを所有している私としてはこのiPod touchを使って何をするのかが一番問題だったりしていますが…。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメント

  1. ma より:

    初めまして。iPod touchの購入検討中で、とても記事が参考になります。

    Apple社のiPod touchのサイトでiOSのバージョンは、数日前は9だったけど、今日見たら10になってました。

    • hironeko より:

      初めまして。嬉しいお言葉有難うございます。
      今現在はそうなんですね。
      私が購入したのはAppleの公式サイトで先月末だったんですけど、
      特に気にする事もなく買ったので、OSのバージョンは当然10で来るものだと思い込んでました。
      今は10で出荷しているならアップデートする手間が掛からないから良いですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)