室温30度でiMac 5Kはどの程度発熱するのか?

室温30度でiMac 5Kはどの程度発熱するのか

スポンサーリンク

iMac 5Kの発熱が心配なのだ

iMac 5Kを置いている自室が晴れの日には早くも30度近くまで室温が上昇するようになりました。部屋は2階なのですが、断熱材の入りが悪いようで、屋根からの熱が2階の天井と屋根の間のスペースこもってエライ事になります。私はクーラーが駄目で扇風機オンリーなので、特に真夏は例年35度から40度近くにも…。

iMacは熱がこもりやすい?

5Kのみならず全般そうらしいですが、筐体が非常に薄く、排熱部分が小さいiMacはどうしても熱がこもりやすくなるようで、こんなツイートも。

iMac 5Kの設置スペース

iMac 5Kの設置スペース

iMac5Kの設置場所。一応「壁にピッタリ」は避けて少しスペースを取っていますが、どうしても熱はこもりやすくなります。とは言え、余程大きな部屋か、オフィス利用じゃない限りは27インチモニターの大きいiMac5Kの後ろに十分なスペースを取って設置する事は難しいんじゃないかと。それに薄くて倒れる危険性も高いから、前後に十分なスペースを取って設置している人は殆どいないかも。

10時間ぶっ通し使用後に触ってみた結果

ゴールデンウイーク中に10時間くらい電源付けっ放しだった日があったので、10時間後に触ってみましたが、予想異常に熱くなっていませんでした。排熱部分はさすがに他より熱くなっていますが、「この程度?」って感じで拍子抜け。写真の温度計も置いていましたが、結局針は室温と変わらずの30度を指したままでした。

作業的には常時タブ5個くらい開いたChromeとPhotoshop Elements13を使っていたくらいなので、それほど負担がかかる作業はしていませんでしたが、ファンも回る事なく排熱の音?なのか「サー」って音が寒い日よりもちょっとうるさい気がする程度で、熱暴走する事も一度もなかったです。

iMac 5Kの排熱処理はかなり優秀なのかも

これほど薄い筐体に全てを詰め込んだオールインワンで排熱部分が非常に小さいにも関わらず、ここまで熱がこもらないのは排熱処理が非常に優秀に作られている気がします。同じ部屋に置いてあるPS4もWindowsのノートPCもファンがぶん回るんですけど、iMac5Kだけは静かにサーって音を出し続けているだけでした。

基本的に機械物は熱に弱いので、排熱処理が上手くできないと壊れやすくなるけど、iMac5Kは通常使用なら真夏でも大丈夫っぽい。もちろん個体差があるので、一概には言い切れませんが。それと10時間付けっ放しでムービー処理とかしていれば当然話は別でしょうけどね。こういう使い方だったら室温10度以下でもあのツイートのように70度とかなるだろうし。っていうか、どんなPCでもなるでしょう。

今度は室温が35度、40度の時どうなのかも試してみるつもり。次はちゃんと計れる温度計を買っておこう。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)