厚手で丈夫なHealthknit(ヘルスニット)スウェットパンツは短足に超オススメ!

厚手で短いHealthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツが超オススメ!

お気に入りのHealthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツを購入。

このスウェットパンツが好きすぎて今回購入分で合わせて3本に。

2年前くらいにこのスウェットパンツを知って以降、暑い時期以外の部屋着として2本をローテーションしながらほぼ毎日のように穿いていました。

スポンサーリンク

Healthknit(ヘルスニット)とは?

1900年テネシー州ノックスビルに誕生。高い品質に裏付けされた着心地、耐久性によりその名はすぐに全米へと広がることになりました。常に上質な原料から紡績、ソーイングまでの厳しい一貫した生産管理の下で作られています。

Healthknit公式サイトより

シンプルなデザインで、素材や着心地にこだわる大人の男に好まれる着心地の良い洋服を作るアメリカの老舗ブランドとして世界中で愛されている知る人ぞ知るって感じのブランド。

最近だとカラフルなレギンスなんかが人気なようで、女性の愛用者も多いみたいですね。

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツ

Ankle Cut Sweat Pantsのデザイン

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツ

正式名称は「Ankle Cut Sweat Pants」。実にシンプルでオーソドックスなデザインで、前面には2つのポケット。

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツのバックデザイン

バックにはファスナー付きのポケットが1つ。

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツのロゴ

色はHeather Gray、Heather Charcoal、Oatmealの3色展開で、今回購入したのはOatmeal。

IDEALのファスナー

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツのIDEALのファスナー

ファスナーには人気が高いアメリカのIDEALのファスナーを使っています。

縫製しっかり!

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツ

代名詞ともなっている縫製は本当にしっかりと丁寧に縫われていて好印象。2年穿き続けていてもどこもほつれたりしていません。

厚手で丈夫!

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツは生地が厚手で丈夫

縫製もさることながら、生地自体が厚手でとても丈夫なのもオススメしたい点。朝洗濯して日に当てて干しても、夕方取り込む時にポケットの裏がまだ湿っぽいくらいの生地の厚さ。

「1年以上の歳月をかけて完成された13.6ozのヘビーウェイトスウェット」と紹介されている素材はUSAコットン100%で、最初は手触りはゴワっとしていますが、経年劣化でシルクの様な滑らかな手触りに変化してどんどん柔らかく履き心地が良くなっていくのが特徴。

ゆったり感

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツはゆったり

裾はゴムで絞られる形ではなく、必要があれば紐で縛るタイプ。

賛否あるでしょうが、あくまでも部屋着なので、私はピッチリしたのが嫌いだからこのゆったり感が心地良くてお気に入り。

新品状態だと生地が硬くて全体的にピチっとはしているものの、穿き続けている間に太もも辺りなんかもどんどんゆったりしてきて楽に履ける様になってきます。

部屋着なんで、私はこのゆったりしたルーズな感じがとても気に入っています。

股下が異常に短い

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツの丈が異常に短い

このスウェットパンツの大きな特徴のひとつが何故か異常に丈が短い点。

一番小さいサイズSで何と64cmくらい(実寸は68cmと記載されています)しかありません。最も大きなLでも76cm

もちろんウエストサイズ(68cm〜90cm)から考えても子供用のわけはないのですが、びっくりするほど股下が短いのが特徴です。って言うか8、9分丈をあえて狙った作りなのかな?

裾がゆったりしているのは上記した通りですが、股下のサイズがこれだけ短いため、ゴムで絞る形になっていなくても足の短い人でも裾を折ったり、裾についている紐を絞ったりしなくても穿けちゃいます。

短足さん(もちろん私も)でも良い感じに穿けちゃうのがこのHealthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツの大きな特徴です。

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツの残念な点

中国製

ブランドはもとより、素材もUSAコットン100%とアメリカを前面に押し出しておきながら実は中国製だと言うこと。

昔はメイドインUSAだったのか不明ですが、現在の生産国は中国になっています。

2年で穴が

好きすぎて毎日の様に履いているのは上記した通りですが、こんな感じで穴が開いてしまいました。特に引っ掛けたりもしていないので、何故かこの場所に穴が開いたのかは不明ですが。

2本をローテーションしているとは言え、本当に履くまくってますんで、これに関しては仕方がないのかなとは。

保温性がいまいち

生地が厚手な割にゆったりとした作りになっているため、ピチっと密着するスウェットパンツよりも風が入りやすくて保温性はいまいち。

ただ、そのお陰で夏以外の季節でも履けるのが利点ですけど。

股下短すぎ

びっくりするほど短いので、足が長い人だと8分丈とかになってしまうので注意が必要。

Healthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツおすすめ

ジーンズなら購入時に簡単に裾上げとかしてもらえるものの、特に裾がゴムになっているスウェットパンツって裾上げしてもらうのは容易ではないかと思います。

裾がゴムで締まっても、股下が長すぎるとくるぶし辺りにだらしなく生地がまとまってしまったり、最悪床に生地がついてしまい、引きずって歩ったりも...。かと言って折ると格好悪いし...。

そんな短足の味方がこのHealthknit(ヘルスニット)のスウェットパンツ。短足の私でもびっくりの股下の短さで短足の大きな味方です。

ジーンズ買う時常に裾上げしてもらう方。ピチピチよりもゆったりした履き心地を好まれる方。このスウェットパンツほんとおすすめですよ!

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)