glamb(グラム)の10万円福袋の中身がエキセントリック!

最初にお断りしておくと、今回の記事のglamb(グラム)の10万円福袋は私が購入した商品ではありません。すいません。

ゲーム実況系?のペケポンさんという方のYouTuber動画で、ペケポンさんが10万円で自腹購入したglambの福袋の中身を後悔もとい公開していました。

動画のタイトルからして

【泣きたい】10万円の超高級福袋の中身が地獄すぎた【Glamb】2018年

こんな感じで、サムネにも「ダサ...」と書くくらいお気に召さなかったようですね。

そもそもこの動画の服装がたまたまなのかも知れませんが、「何でglambの福袋選んだの?」ってくらい地味な服装のアプ主なので、「何故glambの福袋?」と初っ端からからツッコミ入れたくはなりましたが、「去年買ったglambの5万円の福袋の中身がめっちゃ良かった」から今年も購入してみたってことらしい。しかも10万円もするやつ...。

スポンサーリンク

glamb(グラム)って?

ファッションプレスによると、

「ブランドコンセプトは「grunge for luxury」。グランジロックスタイルを基調としながら、ワーク、フォークロア、トラッドなど、様々なスタイルを融合したエレガントなデザインワークが特徴。デニムとレザーが人気。その多くが世界最高の加工技術で知られる岡山児島の専属ファクトリーで仕上げられている。」

ファッションプレスのglamb紹介ページより引用

ブランドの特徴はこんな感じだそう。

ちなみにここには書かれていませんが、ニット系のアイテムも非常に人気が高いのもブランドの特徴の一つだと思います。

私物のglambのカーディガン

私自身もglambのニットが好きで、このようなカーディガンを3枚ほど所有しています。それでこの動画を見つけたのですが。

あとはレザーダウンも有名ですね。

10万円のglamb(グラム)の福袋の中身

10万円の福袋の中身は動画を観てもらえば分かりますが、確かになかなかエキセントリックなアイテム満載で濃い内容でした。もっともglambのアイテムらしいと言えばglambらしいとは言えそう。

アクが強いのでなかなか並みのファッションセンスとルックスだと着こなせない感じ。まぁ、イケメンじゃなくてもこの手のアイテムが似合うお洒落な人っていますけど。

福袋以外のglambは

福袋ってあくまでも売れ残りの在庫処分の意味合いもあったりしますから、このglambの福袋も一般受けしなかった商品の詰め合わせになった可能性はあります。

実際私のglambのカーディガンを見てもらえば分かるようにデザインや配色はむしろ地味目なアイテムもありますし、glambの定番アイテムのレザーダウンジャケットもオーソドックスなデザインで非常にカッコイイです。

glambには奇をてらったド派手なアイテムもあれば、逆にシンプルなデザインのやつも沢山販売されています。ということだけはglambを知らない方が見ていたら大変なのでお伝えしておきます。

それにしてもこの人のこの動画だけズバ抜けて再生回数多いですね。ということはあちこち拡散されているのかな?まぁ、それだけglambは人気が高いってことの裏返しでもあるんでしょう。

っていうか古谷完さんってツイッター見たら「写真家」や「アイドルプロデューサー」も名乗っているのね。「日本ツインテール協会会長」は知っていたけど、幅広くご活躍なようで。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)