キヤノンEF50mm F1.8 STMレンズは旧型からの買い替えでも満足いく仕上がり

EF50mm F1.8 STMは買い替えても満足がいく仕上がり

amazonから本日届いたキヤノンEF50mm F1.8 STM。安くて明るいキヤノンの神レンズとして超有名なEF50mm F1.8 IIの後継レンズです。早速60Dに装着して使ってみました。

スポンサーリンク

EF50mm F1.8 IIとEF50mm F1.8 STMの変更点

レンズキャップ

EF50mm F1.8 STMのレンズキャップ

右が今回新しくなったEF50mm F1.8 STMのレンズキャップ。着脱が容易になりました。地味だけど結構嬉しい。

金属マウントに

EF50mm F1.8 STMは金属(マウント部)を採用

金属マウントになりました。はめる時結構キツかった。

ステッピングモーター(STM)採用

EF50mm F1.8 IIはピント合わせの時に「ガーガー」とうるさかったのですが、STM採用で静かになりました。

絞りを5枚羽根から円形絞りの7枚に

これによって「背景を円形で美しくぼかした撮影表現を可能になった」との事。カメラ素人同然の私にはピンときませんが。

ピント合わせがより高速に

公式には書かれていませんが、明らかにピント合わせが速くなっているのを感じます。ガーと動く旧型と、すーっと動くSTMとの摩擦量とかの関係?良く分かりませんが、買い替えなら体感出来るんじゃないかと思います。

質感の向上

「外装に施した質感のある梨地塗装のほか、鏡筒の外周部分にブラックリングを採用」金属マウントも含めて、全体的に高級感が増しました。

重量、フィルター径、全長等の大きさの変更

全長で1.7mm小さくなったものの、重さは30g上がっています。金属マウントや質感アップの影響でしょう。

最短撮影距離が45cmから35cmに

より寄れるようになったEF50mm F1.8 STM

最短撮影距離がなんと10cmも縮まったので、より寄って撮影できるようになっています。これが一番大きな変更点でしょう。個人的にはこれだけでも買い替えを検討する余地ありかと。室内撮りだと本当に便利です。

EF50mm F1.8 IIとEF50mm F1.8 STMの比較写真f1.8

左「EF50mm F1.8 STM」右「EF50mm F1.8 II」f1.8

EF50mm F1.8 IIとEF50mm F1.8 STM比較写真f3.5

f3.5

EF50mm F1.8 IIとEF50mm F1.8 STM比較写真f6.4

f6.4

EF50mm F1.8 IIとEF50mm F1.8 STM比較写真f10

f10

今回のSTMの方が10cm寄れるので、左の写真のように寄れます。同じ被写体でも今までは右の写真のところまでしか寄れませんでした。

EF50mm F1.8 IIとEF50mm F1.8 STMの比較写真

f1.8でぼかすのもいいですが、絞ればこんな感じでクッキリ。私はRAWで撮って調整してとか出来ないので、写真は全て「JPEG撮って出し」でPhotoshop Elements13の「web用に保存」の高画質(画質80%)でアップしています。ちなみに両レンズの比較で写りは素人目には全く変化ないんじゃないかと。「背景を円形で美しくぼかした撮影表現を可能になった」って言うので、被写体によってはそのような変化はあるんでしょうけど。

買って損なし!

新たな「撒き餌レンズ」としてEF50mm F1.8 STMは確実に売れるだけのポテンシャルを秘めていると実感出来ました。キヤノンのデジイチ所有の方は殆どがEF50mm F1.8 IIをお持ちでしょうが、買い替えでも満足行くんじゃないかと思います。現在16,000円前後とかなり安価ですし。キヤノンのデジイチお持ちで初めての交換レンズを検討中の方なら、まずこのレンズを買っておけば間違いないでしょう。

私は60Dにはこのレンズを付けっぱなしになりそう。でも、買い替えの場合はEF50mm F1.8 IIをどうするかですよね。ヤフオクで処分しても大した金額にならないだろうし。かと言って、劣化レンズを所有していても仕方がないし。とりあえず防湿庫に入れておくけど。うーんどうしよう…。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)