ダイソンの掃除機は壊れやすいのか?2回目の故障発生中

ダイソン掃除機は壊れやすいのか?2回目の故障発生中

愛用中のダイソンボールDC36。2年半でヘッドが回転しなくなる故障が発生。そしてその10か月後にまたヘッドが回転しなくなる故障が…。

スポンサーリンク

ダイソン掃除機1度目の故障

1度目の故障は上記した通りで購入してから2年半くらい過ぎた頃。突然ヘッドが回転しなくなってしまいました。

ダイソンに電話したところ、「どの部品が壊れているか確認する」という話で、

ダイソン掃除機のヘッドが回転しなくなった

電話口の指示通り、まずは延長パイプ部分(伸縮式パイプ)を取り外して

ダイソンボールのヘッドが回転しなくなった

ヘッドと直で繋いでヘッドが回転するか確認したところ見事に回転。ヘッドが回転しない理由は伸縮式パイプに原因があると判断されました。このパイプ部分には電気が流れているので、何らかの不具合でこの電気が通電しなくなりヘッドに信号がいかなくなったって事らしい。

1度目の故障の話は以前書いていたブログで記事にしていました。

パーツ新品購入の有償修理に

ダイソンの無償保証期間は2年間で、私はネット購入で3、5年間保証とかに入っていなかったから、結果的にはこの伸縮式パイプをダイソンから6,000円ちょっとで送ってもらって1度目は事なきを得たのでした。

10か月後またヘッドが回らなくなった

約10か月後、また突然ヘッドが回転しなくなりました。

ダイソンボールのヘッドが回転しなくなった

今度は電話で確認する事もなく、前回教わった通り、また同じように伸縮式パイプを取り外し、直接ヘッドを付けてみたところ回転しない…。という事は今度はヘッド部分が壊れてしまった訳です。

これが1度目と同じく伸縮式パイプに不具合が発生したなら、パイプは保証期間内で無償修理となるでしょうが、今度はヘッドが壊れているからまた有償修理となり、ヘッドを買い換えなければいけません(^_^;)

3年5か月で2度故障したダイソンボール

家電の中でも使用頻度が高い掃除機ですから壊れるのは仕方がないのかなとは言え、同じ原因の不具合で2回も故障してしまうとちょっとなぁ〜って感じるのも事実。実際、掃除機を壊れて買い換えた経験って記憶にないし、私は物は大切にする方だから決して無理な使い方とか荒っぽい使い方をしてきた覚えはないんですけどね。

パイプは6,000円ちょいで済んだけど、ヘッドは更に高そうだから、今の所はまだパーツ交換の修理にするか別な物を買い換えるか考え中。このDC36自体はヘッドが小さくてフローリングで使い難いのを除けばそこそこ気に入っているし、購入した時確か6万円以上したはずだからヘッドを交換すればまた使えると分かっているのに捨てちゃうってのも何か忍びない。

他のダイソンは壊れていません

手入れに難ありだがダイソンのDC61モーターヘッドは超おすすめ

ちなみにダイソン製品はハンディ掃除機のDC61とか、

ダイソンAM07はスタイリッシュ

扇風機のAM07とかも持っていて個人的にはお気に入りの家電ブランドだから、掃除機も買い替えるならまたダイソンかなとは。でも今回の2回目の故障の件で耐久性の面でちょっと不安を覚えたのは紛れもない事実です。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)