ダイモ(DYMO)テープライターキューティコンに数字の0が無い不思議

アマゾンで購入したダイモ(DYMO)テープライター キュティコン

ダイモというメーカーが販売している昔懐かし?のテープライター。

YouTubeでα6500の動画を検索した際に知った「のりごとー」さんという方が動画で絶賛しているのを観て知りました。

スポンサーリンク

DYMO(ダイモ)って?

”DYMO”は、ニューヨーク株式市場に上場する国際企業ニューウェルラバーメイド・グループに中でも成長著しい 「オフィス用品部門」として、全世界に拠点を設けている「サンフォード」の中のひとつのブランドです。

ダイモ販売株式会社の企業紹介より

てっきりAmazonで良く見かける中国企業かと思いきや、高級筆記用具のパーカーやウォーターマンなんかを取り扱っているニューウェル・ラバーメイドの取り扱いブランドだそう。

私は全く知りませんでしたが、このダイモは昔から売られているようです。この手のテープライターは「テプラ」しか知らんかった。

ダイモテープライターキューティコンの使い方

開封した段階でテープが中に入っているダイモ

開封した段階であらかじめテープが中に入っている(9mm幅で3m巻き)ので、

ダイモテープライターの使い方

入力したい文字を三角マークに合わせて、黄色の押す部分を力を入れて強く押し込むと文字が入力できます。

軽めに押すと文字が入力されずにテープが飛び出てくるので、これでスペースが打てます。

あとは回して必要な文字を入力し、最後にハサミの文字をこれまた強く押し込めばラベルを切り離せて完成。

ダイモ テープライター キュティコンで作ったラベル

こんな感じで誰でも簡単にエンボス加工されて立体的な文字が印字されたラベルテープが作れます。フォントもオーソドックスで文字が読みやすい方じゃないかなと。

文字入力の際にちょっと力は必要なものの、刃が一切露出しておらず安全なので、小さいお子さんにも安心して渡せます。おもちゃ感覚でガンガン遊ばれてテープがすぐ無くなりそうだけど(^_^;)

ダイモ テープライターキューティコンには数字の0が無い

ダイモ テープライターキュティコンには数字の0が無い

「FW760」と打ち込む必要があって気付いたのですが、何故かこのダイモ テープライター キュティコンには数字の0がありません

アマゾンの紹介写真をよく見てみると、青い個体には0があるものの、今回購入した黄色とピンクの個体には数字の0が無い。

確かに0は英語のOで代用可能といえば可能だけど、数字の0と英字のOが隣り合う場合分かりにくくなると思うのだが...。

って言うか、ハートやピリオド、顔文字が作れる文字等々、これだけ文字を用意していて、何で比較的よく使うであろう数字の0を省いたのかの意味が分からん。

省かなければいけない何か重要な理由でもあったのだろうか?

ちなみに青い個体は小文字も打てると書かれている(黄色とピンクは大文字のみ)ものの、既に製造終了して購入不可でした。

ダイモは安いしあれば便利

数字の0が無い理由が大いに気になるところではありますが、とにかく本体価格が安く、

ダイモの最初から入っているテープの巻き

最初から入ってくるテープも割と巻きが大きくてそこそこ使えちゃうし、替えのテープも3m巻きで1個300円くらいと安いところが気に入りました。このダイモ、あると何気に便利です。

テープ自体は厚みがあってしっかりしており、テープの耐久性も割と高そう(本体の耐久性は使い始めて間もないから不明)で、貼り付けてもあまりチープに見えない点も気に入っています。フォントも読みやすいし。

そして何よりシンプルで誰でも使えるのが◎。

一家に一台置いておくと便利なテープライターで、お値段以上の価値のある優れものののテープライターだと感じました。

そういやこっちも困りまくってるんですよねー。家にこの手のケーブルが30本以上はあって何が何だか分からなくなっている状態。

残念ながらこれにはダイモは使えない(使おうと使えるけどテープだからベタベタになる)から、こっちも何か良いアイテム探し中です。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)