AnkerのセルフパワーUSBハブ「USB3.0ハブ7ポート電源アダプター」は最新MacOSのEl Capitanで動作OK

今まで普通にバスパワーのUSBハブに外付けHDDを繋いで写真の管理とかしていたんですけど、消費電力が大きい外付けHDDなんかはバスパワーだけだと電力が足りなくなって動作不安定や最悪故障の原因に繋がったりするのだとか。

普通に使えていたから何も考えずにそのまま使ってましたけど、それを聞いて慌ててセルフパワーのUSBハブを購入してみました。

スポンサーリンク

USBハブのセルフパワーとバスパワーの違い

ちなみにセルフパワーとバスパワーの違いは簡単で、

  • セルフパワー・・・専用のACアダプタが付属してコンセントから電源供給可能
  • バスパワー・・・PCのUSBポートのみから電源供給で動作

その他この両方(セルフでもバスでも使える)もあるとのこと。セルフパワーの方はコンセントから電源を取れるので、より消費電力が大きい機器を接続できるわけですね。

Anker「7-Port Hub with 36W Power Adapter USB 3.0」を購入

AnkerのセルフパワーUSBハブ「7-Port Hub with 36W Power Adapter USB 3.0」は最新のMacのEl Capitanで動作OK

様々なメーカーから色んな種類のセルフパワーUSBハブが発売されているのですが、今まで利用していたバスパワーのUSBハブはAnkerのもので問題なく使えていたため、今回もAnker製の7ポートのセルフパワーUSBハブを購入してみました。

AnkerのセルフパワーのUSBハブは3種類ありましたが、Amazonでセールを行っていて、私が購入した時点で4,199円とお買い得だったのも決め手になりました。

Anker USB 3.0 ハブ 7ポートの特徴と内容物

Anker USB 3.0 ハブ 7ポートの特徴

  • 最大データ転送速度5Gbpsでより短時間で同期可能
  • 滑らかで洗練されたファッショナブルなデザイン
  • 7 USB 3.0ポートは全てのコンピューターご利用可能
  • スイッチデバイスによる手間を解消
  • コンパクトデザインで持ち運びが容易でどこでも利用出来る
  • 内蔵サージ保護装置によって常にデバイスの安全性が保たれる
  • 外部電源の供給によってポート数に関わらずデバイスに必要な電源を確保
  • ホットスワッピングに対応

(以上、製品の説明書より)

ホットスワッピング機能と言うのは、PCの電源を切る事なく機器を接続、取り外すことができる機能の事だそうです。

Anker「7-Port Hub with 36W Power Adapter USB 3.0」の付属品

付属品は

  • 本体
  • ACアダプター
  • USBデータケーブル
  • 取扱説明書

本体はかなり大きめで、ACアダプターはその割りに小さめ。

ポートは7個も必要ありませんでしたが、4ポートのセルフポートの方は小さくて軽いから安定して設置できなさそうだし、ワンランク上の物は2,000円近く高かったため止めました。

Anker USB 3.0 ハブ 7ポートの気に入った点

プチ豪華な箱

Anker「7-Port Hub with 36W Power Adapter USB 3.0」のプチ豪華な箱

Anker製品はこれで3個目なんですけど、毎回割としっかりとした箱に入ってきます。

たかが箱ですが、良い箱を使っていれば見た目的にもちゃんとした商品に感じるし、箱自体が商品をガードする役割があるわけで、ここをコスト削減で手抜きした商品はいまいちな物が多かったりしますね。

アップル製品なんかも箱は豪華。たかが箱ですが、その箱だって商品の一部ですから。

最新Mac OS X El Capitanバージョン10.11.6でも問題なく動作

Anker USB 3.0 ハブ 7ポートは電源オン状態が一目で分かる

2016年9月19日現在で最も新しいMac OS Xでも全く問題なく動作しました。

Windowsでは動作するけどMacでは…って未だに意外と少なくなかったりしますけど、トランセンドの外付けHDD、AnkerのUSB3.0のカードリーダーをつけて様々なメーカーのSDカードを読み込んでも完璧に動作しました。

内蔵サージ保護装置

雷対策が施されているのは地味だけどポイント高いです。

電力安定供給

一番のお目当てがこれだったので、ACアダプターでコンセントから直接給電できるのはやっぱり安心感があります。

っていうか今まで全く気にしたこともなかったけど…。無知って怖い(^_^;)

18か月の長期保証

Anker製品は全て18か月の長期保証がついていて、その間万一不具合が起こったら返金または新品交換してもらえるとの話。

普通は1年が殆どですから、1年半の無料保証つきはやっぱり嬉しい。

Anker USB 3.0 ハブ 7ポートの気に入らなかった点

チープな質感

Anker「7-Port Hub with 36W Power Adapter USB 3.0」はチープな質感

本体はちょっとガッカリなチープな質感のプラスチック製品でした。ツヤ有りなんで汚れやホコリも目立ちそう。

コスト削減や持ち運びを楽にする目的で軽く作ったのでしょうが、個人的にはこの値段でこの大きさならもう少しどっしりとした質感が欲しかった。

値段が高め

セール品で4,199円と、1,000円以下で買えるバスパワーのUSBハブが沢山あることを考えるとお値段が高めに感じました。

ただし、セルフパワータイプはACアダプター代金とか含まれたりするから、他のメーカーのもそれなりに高いのは確か。

コンセントが長くて邪魔くさい

Anker USB 3.0 ハブ 7ポートのコンセントが邪魔くさい

コンセントが結構長くて見た目的にも邪魔くさいです。とは言え、短ければ短いで困るからこれは仕方がないですが。

ロジクール製品との相性が最悪だそう

私はロジクール製品を使用していないため特に気に入らないという話ではありませんが、説明書にもハッキリと明記されているくらいロジクール製品との相性は悪いとの事です。

最新Mac OS Xで問題なく動作します

とりあえずOS Xで問題なく動作したので一安心。Amazonのレビューに「Macで使えなかった」みたいなレビューがあったので。

ちなみにこの製品は全てのポートを使用した場合で最大5Aの合計電流を超えないようにだそうです。

目安として書かれているのは

  • マウス100mA
  • ポータブルハードディスク最高500mA
  • USB3.0ポータブルハードディスク最高900mA(1000mA=1A)

って感じ。

私はUSBポータブルハードディスクをバスパワーで問題なく使えていたんだけど、これはこのまま使い続けていても問題なかったのだろうか?まぁとりあえず今回セルフパワーに交換したので「万一」がなくなって良かったですけど。

ちなみに今回購入したのはこれで、

4ポートで十分ならこれがあり、

更にパワーが大きくてiPad等まで充電できるハイパワーのやつがこれ。

個人的には4ポートで十分だったんだけど、やっぱ小さすぎて軽すぎるから置いた時に収まり悪くて使いづらかっただろうし、一番良いやつはUSBハブのくせに6,000円は高すぎるだろで却下しました。

Anker製品はこれで3個目ですが、個人的にどれも満足度は高くてお気に入りのメーカー。

Anker(アンカー)は2009年、米Google出身の数名の若者達によって創設されました。
https://jp.anker.com/about/

やっぱGoogleなんかに雇ってもらえる人達ってどんな仕事についても成功できるレベルなんでしょうね。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)