貴重なクロムエクセルを使用した安藤製靴のチャッカブーツ250

貴重なクロムエクセルを使用した安藤製靴のチャッカブーツ250

3年くらい前に購入した安藤製靴のチャッカブーツ250。色はバーガンディ。安藤製靴には「NERO」と「PULSE」の2ラインがありますが、この250は「PULSE」の方。

私が所有しているこの靴のアッパーレザーにはホーウィンのクロムエクセルを使用していますが、残念ながら現在はリニューアルしてしまったため、クロムエクセルを使用した250はとても貴重な靴になってしまったようです。

スポンサーリンク

安藤製靴チャッカブーツ250の素晴らしい点

ノルウェージャン製法の堅牢な作りと素晴らしい履き心地

ノルウェージャン(ノルウィージャン)製法で製造されているのでとても丈夫でしっかりとした履き心地で、実際に登山をする(私は本格的な登山はしませんが)のに履いていっても足が殆ど疲れません。

ノルウェージャン製法の堅牢な作りと素晴らしい履き心地

この丁寧な仕事ぶり。さすがの一言。

リーズナブル

ハンドメイドで上質なクロムエクセルを使用しているにもかかわらずリーズナブルなお値段なのも魅力の一つ。

ただ、私が購入した頃は確か3万円しない(詳細は忘れてしまいました)で買えたと思うのですが、今はかなり値上がりしているようで、38,880円になっていました。

クロムエクセルの皮質が最高!

ホーウィンレザーと言えばオールデンで使われているシェルコードバンが有名ですが、そのオールデンも使用しているクロムエクセルも負けず劣らず最高に素晴らしいレザーです。

安藤製靴のチャッカブーツは傷がつきやすい

オイルをたっぷり含んだ牛革だから傷はつきやすく目立ちやすいのですが、しっとりとした滑らかな質感で、とても手触りが良く、エイジングも実感しやすい味わい深い革です。

クッション性に富んでいる

DSC_3463

クッションパッドが入っていてフィッティングが良好。

チャッカブーツってくるぶしより上まで来るので、この部分にクッションが入っていて柔らかく仕上げられているのは個人的には大歓迎。

安藤製靴チャッカブーツ250のいまいちな点

特定のケースと場所でソールが滑りやすい

この靴に搭載されているビブラムソールは晴れている日のグリップ力は素晴らしく滑りにくいものの、雨の日で濡れたマンホールの上やタイルの上とかだとかなり滑りやすくなってしまいます。

デザインがボッテリしている

オールデンのチャッカブーツと安藤製靴のチャッカブーツのデザイン比較

DSC_3465

デザインが洗練されているとは言い難いオールデンのチャッカブーツと比較してもこんな感じ。悪く言ってしまえが野暮ったい。アイレットも大きめでちょっと主張過ぎだったりします。

ちなみにこの太いシューレースは買った時に付いていた純正品。私は普段はもう少し細い別に買ったシューレースを付けています。

革の変更と大幅な値上げがあった

これに関しては辛い胸の内が切々と書かれていました。

クロムエクセルの製品自体は今も世の中に沢山出回っていますし、使い続ける事も可能なんだろうけど、納得がいくクオリティのクロムエクセルを入手できないって事なんでしょう。

良品が入手できても仕入れ価格が高過ぎて販売価格を更に上げざるを得なくなるから製品化するのが難しいのかも。そういう意味でもクロムエクセル仕様の250(他のモデルも)は貴重な存在になってしまったようです。

安藤製靴は超絶おすすめのワークブーツブランド

貴重なクロムエクセルを使用した安藤製靴のチャッカブーツ250

ワークブーツはホワイツとチペワしか持っていませんが、個人的には安藤製靴の靴が一番好き。どの工程も手を抜くことなく丁寧に作られていて、質実剛健な品質は本当に素晴らしいの一言に尽きます。

そして履き心地もやはり日本製だから日本人の足に合っていて抜群ですね。もっとも安藤製靴の方々からすると「うちのは登山靴だからワークブーツじゃない」って話なのかな?

いずれにしても様々なタイプのデザインの靴がありますし、ストリートで履いても様になるカッコ良い靴も沢山あるので普段履きにもオススメのブランドです。

安藤製靴のサイトはこちら

真ん中の靴の写真をクリックして中に入ります。靴は素晴らしいけどサイトは昔からダメダメ。個人的にはこう言うところも好きだったりするんですが。

スポンサーリンク

【シェアする】

【フォローする】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)